メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

断捨離とお金持ちの関係

こんにちは、宮本です。

今日は断捨離とお金持ちの関係について

記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

 

断捨離とは?

 

断捨離(だんしゃり)とは、

不要な物を減らし、

生活に調和をもたらそうとする考え方のことです。

 

2009年に発売された

やましたひでこさんの著書

がきっかけで一般の人たちにも広まっていきました。

 

断捨離は、「もったいない」という

固定観念に凝り固まってしまった心を、

ヨーガの行法である

断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、

捨てることで、物への執着から離れ、

自身で作り出している重荷からの解放を図り、

身軽で快適な生活と人生を手に入れることが

目的であるとされています。

 

ヨーガの行法が元になっている為、

単なる片付けとは一線を引かれているようですね。

 

著者であるやましたひでこさん自身も、

 

物を溜め込む母親に対して

毒親視するような感情が、

断捨離を行うことによって

改善したと語っておられます。

 

また、やましたさんは

断捨離について以下のようにも語っておられます。

「日本では伝統的に「もったいない」という観念・考え方があるが、この考え方が行き過ぎると物を捨てることができなくなります。そしてすでに使わなくなったモノ・将来も使うはずがないモノなどが家・部屋の中に次第に増えてゆき、やがては自分が快適に居るための空間までが圧迫され、狭くなります。そして人は膨大なモノを扱うのに日々 膨大な時間や気力を奪われるようになってしまい、知らず知らずのうちに大きな重荷となっていて心身の健康を害するほどになってしまう」

 

やましたさんから始まった断捨離。

後に様々な著者によって、

断捨離を扱った本が出版されるようになります。

 

自分と物との関係だけでなく、

仕事と人間関係にも断捨離を実践することを

すすめる書物も出版されるようになり

 

断捨離は、「断・捨・離」として

2010年の流行語にも選ばれるほどに世間に浸透していきました。

 

断捨離とお金持ちの関係

 

これは個人的見解なのですが、

お金持ちは断捨離上手な気がします。

不要なモノは処分し、

家の中はすっきりして

綺麗な状態を保ってます。

代表的な例で言うと、

ホリエモンこと堀江貴文さんですね。

 

 

 

堀江さんはモノを持つ、

ということにこだわらず、

家の中に高価なものはほとんど置いてないそうです。

唯一金目の物と言えば

大型のテレビらしいですが、

それもこの前処分してしまったとか。

本人いわく

 

「泥棒が入ったらガッカリする家」だそうです(笑)。

 

堀江さんだけに限らず、

多くの成功者・お金持ちは

モノに執着しません。

部屋の空間を大事にし、

住まれている部屋は

綺麗でさっぱりしています。

 

恐らく自分の中で

いるものといらないものの線引きを

しっかりされているのでしょう。

 

お金持ちの方で

モノが部屋に溢れかえっている、

という話はあまり聞いたことがありませんもんね。

 

断捨離で一石二鳥

 

家の中の不用品。

これらは捨てるのではなく

ネットを使って

ドンドン売っていきましょう。

Amazon・ヤフオク・メルカリで

販売していきます。

本やCDなど既成のものはAmazonで。

キャラクターグッズなど限定品はヤフオクで。

スニーカーや服などはメルカリで。

 

このように分けると

不用品と言えど

より高値で売れると思います。

しかも

部屋もすっきりして、

Amazonせどりの軍資金も貯めれて一石二鳥です☆

 

アカウントの評価を貯められるのも

メリットの一つです。

そしてそして

部屋をすっきりさせた後は、

ガッツリAmazonせどりに取り組みましょう!

 

 

 

 

今回の記事は以上です。
それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ