メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

ナンパから学ぶ店員さんとの交渉術

こんにちは、宮本です。

今日はナンパから学ぶ店員さんとの交渉術について

記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

 

ナンパ上手はビジネス上手!?

 

前回の記事でナンパ上手はビジネス上手

ということをお伝えしていました

 

ナンパ上手はビジネス上手!?

 

ナンパとは知らない女性に声をかけて、

自分に興味を持ってもらいお茶をしたり、

食事に行ったりすることです。

 

で、

これはビジネスにおいても本質が全く同じです。

知らない人に興味を持ってもらって(声をかけ)

商品やサービスを買ってもらう(お茶や食事に行く)

さらにさらに言えば

 

ナンパ上手な人は“顧客に対して超敏感だということ。”です。

 

という事は

顧客=仕入れをするお店の店員さん

に対して超敏感になり、相手は何を望んでいるのか?

を考えることが重要です。

 

ナンパから学ぶ店員さんとの交渉術

 

それではナンパ上手な人は

お店の店員さんとどのように交渉するのでしょうか?

ナンパ上手な人は

“顧客に対して超敏感だということ。”

でしたね。

 

では

 

お店の店員さんが一番望むことはなんでしょうか?

 

お店の店員さん、特に店長さんは

お店の売上が上がることを一番に望んでいます。

ということは単純に

お店の商品を大量に買えば喜んでくれますよね。

 

 

さらに

“どの商品”を買えば

店長さんは喜んでくれるでしょうか?

お店ではなかなか売れず在庫になっている商品。

そんな商品を買ってくれれば

店長さんは喜ぶのではないでしょうか?

 

さらにさらに

“どの時期”に買えば

店長さんは喜んでくれるでしょうか?

一年を通してモノが売れる時期と

売れない時期があります。

しかし店長さんには月にこれだけ売上を作りなさい、

というノルマが本社から課せられています。

という事は

ノルマが達成できない月に大量に買えば

店長さんは喜んでくれますよね。

 

ニッパチの法則、と言われるように

2月と8月は一般的にモノは売れにくいです。

あるいはそのお店の決算期(たいていは3月)は

通常よりも多くのノルマが課せられます。

なので上記のような時期に

商品を買えば店長さんは喜んでくださり、

値引き交渉などもしやすくなります。

また、思わぬ掘り出し物も

いち早くあなたに買ってくださいと

提案してくれるかもしれませんね。

 

 

このように交渉していけば店長さんとの関係も良好になり

安定的に仕入れができます。

せどりをしている人は

意外とこの交渉が苦手です。

なので逆にここができれば

他の人と大きく差別化できます。

ぜひあなたもナンパ上手な人の思考法を学び、

交渉上手になって、

Amazonせどりで大成功してくださいね。

s_ナンパ交渉

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ