こんにちは、宮本です。

今日は

 

「松下幸之助さんに1億円欲しいんです!と尋ねるとその答えは…」

 

という事について記事を書いていきたいと思います。

 

これは松下幸之助さんの生前のインタビューの一コマなのですが
この答えの中にPanasonicグループ繁栄の秘密も隠されていますので
ご自身でビジネスを運営されているあなたもぜひ覚えておいてくださいね。

それでは早速行ってみましょう!

 

松下幸之助さんに「1億円欲しい!」と言って返ってきたのは…

 

「自分のもらいたい分の10倍の価値を作り出し与えなさい。そうすればその中から1は返ってくる」

 

1億円欲しいんです!お金持ちになりたいんです!億万長者になりたいんです!

 

そういった問いに対して、松下幸之助さんは上記のように語られました。

 

自分が欲しいもの(1億円)の10倍の価値(10億円)を

まずは提供しなさい、という事ですね。

 

人はつい「まず自分が欲しい!」と思いがちですが、
本当はこれを逆にすべきなんですね。

 

まずは相手に与える。それから自分が貰う。

 

この意識が強いほどビジネスでも成功し
結果としてお金がドンドン手に入ります。

 

ギブギブギブの松下幸之助さんが残したもの

 

ちなみに、

この言葉を残した松下幸之助さんは94歳で亡くなられた時に
3000億円に上る財産を残し、作り上げたパナソニックグループの
年間総売り上げは4兆円を超える規模となっていまいした。

 

世界に誇るPanasonicグループ。

その繁栄の理由は松下幸之助さんの

ギブギブギブのマインドがあったようですね。

 

 

GIVEのマインドは人間関係でも同じ

 

この10倍の価値を与えれば1返ってくるという原則はお金だけに限りません。

 

例えば困っている人に対して、
手助けしたり、相手が望むことを実現できるよう応援する。

 

これを1回だけでなく10回以上行えばどうでしょうか?
あるいはこれを1人ではなく10人に対して行えばどうでしょう?

 

さらにこの回数を増やしたり、助ける人の数を増やせばどうなるでしょう…?

 

ここまで人に価値を与えることができれば
人間関係でもプラスのお返しが必ずくると思います。

 

 

このように、「自分がもらいたい10倍以上の価値を相手に与え続ける姿勢」
で日々行動すればお金においても人間関係においても
豊かになっていきます。

 

 

この記事を読んだ今日から
ぜひ「10倍与える意識」を持って行動していきましょうね!

 

松下幸之助さんに1億円欲しいんです!と聞くと?のまとめ

 

以上が「松下幸之助さんに1億円欲しいんです!と聞くと?」です。

人はついつい「まず自分が欲しい!」と思いがちなのですが

それを逆にすることで結果的に自分に返ってくるようになります。

 

ぜひ今日の記事を読んだこの瞬間から

あなたもできる事を実践していきましょう!

 

今回の記事は以上です。
それでは引き続き
次の記事を読みながら実践して
ドンドン稼いでいきましょう!