メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

成功者の行動パターンとは?

こんにちは、宮本です。

今日は成功者の行動パターンとは?について

記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

 

成功者の行動パターン

 

成功者には一つの行動パターンがあります。

成功哲学の達人ジェームス・スキナーは

この行動パターンを

 

「成功者のアプローチの改善」と呼んでいます。

 

「成功者には一つのパターンがある。いや、合言葉と言ってもいい。それは今やっていることが上手くいかなかった違うことをやれ!なんでもいいから!という言葉だ」

 

一般人がとある行動をして

その結果が上手くいかなかった場合、

そのままその行動にこだわったり、

あるいは分析に時間を使ったりします。

 

これが成功者の場合。

とある行動をしてうまくいかないと

素早く見切って違う行動を取ります。

 

そして違う行動を取れば

当然違う結果が出ます。

必然的に良い結果に近づいてくるという訳です。

これこそ成功者の行動パターンと言えるでしょう。

 

エジソンの一万回失敗した話

 

有名なエジソンの電球の話をします。

発明王エジソンは電球の発明に着手しましたが、

なかなか成功はしませんでした。

失敗に次ぐ失敗を重ね、

一万回を超える失敗をしたようです。

 

その後、京都の「竹」をフィラメントに使って、

ようやく電球は完成しました。

 

ここでよく勘違いされるのですが、

エジソンは同じ方法を根気強く行っていた

わけではありません。

 

一万回“違う”方法を試したのです。

 

上手くいかなければ

その方法を捨て、違う方法を試し、

その方法がダメならまた違う方法を試すという。

ジェームスの言う「アプローチの改善」を試したのです。

 

日本ではよく石の上にも三年という

忍耐強さ“だけ”が評価されるのですが、

成功者になるには

 

「違う手法をドンドン試せる忍耐強さ」

 

が必要なのでしょう。

 

これはAmazonせどりにおいても同じですよね。

1店舗、2店舗お店に行って

商品が無かった場合。

成功者はアプローチを改善して、

ドンドン行動していきます。

同じ行動からは同じ結果しか生まれません。

ドンドン違う行動をして

ドンドン良い結果を出し、

Amazonせどりで大成功しましょう!

 

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ