メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

動画100本の秘伝の書の反響が凄いです!

 

 

おはようございます!

 

最近めっりきお酒が弱くなり、
二日酔い気味の宮本です(笑)

 

 

いや~昨日も調子に乗って飲み過ぎました(笑)

 

20代前半の時はいくら飲んでもへっちゃらだったのですが…
気が付けば私もアラサーですもんね…(笑)

 

お酒は百薬の長と言いますが…
ほどほどにしておきたいと思います(^^)

 

 

さて、
先日プレゼントした「Amazonせどり秘伝の書」ですが、
続々とお喜びの声が届いております。

 

 

今日はその中から何人かのお声をご紹介したいと思います。

 

 

まずは介護職にお勤めのYさんからの
感想です。

 

 

ここから………………………………

 

 

おはようございます。
はじめまして!
Amazonせどり基礎編、拝読いたしました。
ありがとうございます。

盛りだくさんのコンテンツ内容ですが
自分の中で1個1個消化していこうと思います。

現状の悩みは
なかなか、せどりにあてる時間が
うまくとれず仕入れがうまくできないというものです。

副業という時間の無い中でもせどりで稼ぐことは可能でしょうか?

私は現在、介護職員ですが
仕事をやめて、せどりを本業にできる日がくるのが目標です(^ ^)

よろしくお願いしますm(__)m

 

ここまで………………………………

 

 

Yさん、感想をありがとうございます!

 

このように学んだことをすぐに私に返信する行動力は素晴らしいですね!
これも一つのアウトプットなのでぜひ習慣化していきましょう!

 

さて、ご質問にあった

 

「時間の無い副業でも稼ぐことができるのか?」

という質問ですが、、、、

 

結論から言うともちろん可能です!

 

と言っても実感がわかないと思うので
私が実践してきたことを交えて少しお話しますね。

 

 

【Amazonせどりは休日があれば十分実践可能!】

 

 

私はAmazonせどりを始めて3年ぐらいになります。
ここ1年ぐらいは外注化の仕組みが安定してきたので
ほぼ半自動で収益が上がるようになりましたが
それまでは自分で店舗に行って商品を仕入れていました。

 

 

その時は週に2回ぐらい仕入れに出かけ
そこで仕入れた商品を半日ぐらいかけて出品登録、梱包し、発送していました。

 

 

例えばあなたが土日が両方とも休みの場合
土日のどちらかでガッツリ商品を仕入れて
もう一日を商品登録、梱包業務に充てれば十分稼ぐことができます。

 

 

もし週に1回だけの休みだったとしても
その休みの日にガッツリ仕入れをして
平日の隙間時間で商品登録、梱包業務を行えば大丈夫です。

 

 

もう一つ言うなればインターネットでの仕入れを付け加え
隙間時間を効率化すればさらに楽に稼ぐこともできます。

 

 

例えば私の場合
店舗に行く時は電車やバスを使っていたのですが
その移動時間を使ってスマホ一つで商品を仕入れていました。

 

 

この店舗での仕入れ+ネットでのW仕入れを行えば
仕入れにかける時間は極限まで少なくできます。

 

 

その時は全体の利益がだいたい利益50万円ぐらいだったのですが
ネットでの仕入れだけでも15万円~20万円を稼いでいましたね。

 

 

せどりと言うと「店舗に仕入れに行かなければいけない!」と思いがちですが
インターネットでの仕入れを組み入れると非常に労働時間を少なくして
稼ぐことができます。

 

 

なので、あなたがサラリーマンだったとしても
行き帰りの通勤時間で仕入れができ、
稼ぐことが十分可能だということです。

 

 

それでは次にアパレル業にお勤めの
Iさんからの感想をご紹介します。

 

 

ここから………………………………

宮本様

ボリュームたっぷりの
情報をありがとうございます。
使いかた動画と店舗編のコンテンツを拝見させていただきました。

~中略~

質問なのですが、店舗仕入れは土日に行かないと
だめなのでしょうか?
私はアパレル業でして休みが平日なのですが
それでも実践可能でしょうか?

ここまで………………………………

 

 

Iさん、ありがとうございます!
こんな風にすぐにアウトプットしてくれる方ばかりで
私自身非常に嬉しいです!

 

さて
「休みが平日なのですがそれでも実践可能でしょうか?」

 

というご質問ですが、、、

 

 

これは私がマニュアルの中で説明し、推奨しいている
「中古せどり」であれば平日休みであっても
全く問題ありません!

 

 

 

この「中古」というのがキモなんですよね。

 

 

仮に新品せどりで勝負をするとしたら
土日にセールが多い家電量販店を
メインで狙わなければなりません。
その場合は平日休みだと正直仕入れが難しいです。

 

 

逆に私がおススメしている
中古品を扱えば上のような問題は全くありません。

 

 

曜日や日にちに関係なく、
お店の買取状況次第で
店頭に多くの商品が並びます。

 

 

さらに言うと中古商品は利益単価が高いので
少ない商品を集めるだけで稼ぐことができるんです。

 

 

仮にあなたが月収10万円を稼ぎたいと仮定します。

 

 

新品商品の場合、
1個当たりの利益は平均2000円ぐらいです。
なので月収10万円を稼ぐためには
50個の商品を集めなければいけません。

 

 

これが中古商品だと
1個売って利益1万円という商品がザラにあります。
仕入れ値が安く済むというのも中古のメリットですよね。
なのでこういう商品を10個集めればいいだけです。

 

 

新品なら50個の商品を集めるのに
数十店舗まわることもよくありますが
利益単価の高い中古なら2~3店舗で済むことも。

 

 

労力が1/5で利益は同じ。しかもお財布に優しい。

どちらが効率よく稼げるかは明白ですよね。

 

 

もっと言うとこの作業を外注化することにより
半自動で収益を上げることができます。

 

 

現在の私は
店舗仕入れと梱包・商品登録・発送業務すら
外注化しているので物販に関してはほぼ何もしていない状態です。

 

 

Amazonせどりにかける時間は
1週間で半日ぐらいでしょうか…

 

 

それでも売上200万円、外注さんの経費を引いても
利益で50万円ぐらい残っています。

 

 

 

一見、外注費がかかると思うかもしれませんが
今は外注さん二人でやっているので
単純に行動範囲が倍、見つけられる商品が倍になるので
外注代を払っても利益が残るというのは
まぁ当然と言えば当然です。

 

 

このように
Amazonせどりを実践し、実績が出てきたら
外注化して半自動化で収益を上げていけるという選択肢もあります。

 

 

そうなれば
もちろん副業のままAmazonせどりを続けてもいいですし、
本業にしてさらに収益を伸ばすのでもいいです。

 

 

ちょっと想像して頂きたいのですが、、、

 

本業の収入以上のお金が半自動で毎月入ってくるとしたら、、

 

もっと毎日が楽しくなると思いませんか?

 

例え、会社で嫌なことを押し付けられても

 

「まぁいいや、他に収入があるし、いつでも辞めれる」

 

という風に気持ちに余裕が出て、
会社に行くのも楽になるのではないでしょうか?

 

 

Amazon中古せどりならそれが可能です!
ぜひ一緒にがんばって実践していきましょうね!

 

 

ただ、やはり正しい方法と継続が大事なので
そのための一歩として
まずはこちらのマニュアルで
ノウハウの一部のお渡ししますので、ぜひ見てください。

 

 

はんなり宮本の公式メルマガ







 

まぁ一部と言っても動画100本、コンテンツ記事100個あるのですが…(笑)

 

さらに今ならマニュアルに加えて
せどりメルマガ講座をプレゼントさせていただきます

 

 

メルマガ講座では私の成功体験や
笑いあり涙ありの様々な体験を公開していますので
ぜひ楽しみにしておいてください!

 

もちろんマニュアルだけでも
かなり濃いノウハウばかりなので
合わせてお楽しみくださいね

はんなり宮本の公式メルマガ







 

 

こちらは情報の新鮮味も大事にしているので、
無料でプレゼント出来るのは今月中です。

マニュアルを読んだ方からは

 

・圧倒的なボリュームでした!
・有料級の内容です!
・これだけでAmazonせどりで稼げますね!

 

 

というようなお喜びの声を頂いております!

ぜひこのマニュアルを実践し、一緒に稼いでいきましょうね!

 

 

PS.先日ビジネス仲間とランチに行ってきました

 

 

今回は車で来られていたのでノンアルコールでしたが
次回は昼間からビールでも飲みたいですね。。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

——————————————-

・発行責任者:宮本達裕

・メインブログ: http://hannari-sedori.com/

・YouTube:http://bit.ly/2q5wy0F

・Facebook: http://goo.gl/jhIQpk

・コンサル生の感想動画:http://goo.gl/KVXbO6

・問い合わせ:http://goo.gl/mWlceW

——————————————-

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ