こんにちは、宮本です。

日本郵便を利用したFBAパートナーキャリア無料キャンペーンが

2018年の1月15日でいったん終了しますね。

そこで今日は今話題の格安配送

CC便

についてとそれ以外の配送方法について

解説していきたいと思います。

 

それでは早速行ってみましょう!

CC便とは?

CC便とは正式名称「コストカット便」と呼ばれるサービスです。

株式会社クリエイティブアドベンチャーネットワーク

という会社が運営しているサービスでして、

 

会員登録はタダ、決済はクレジットカードも使え、

集荷依頼もネット上で可能、

そして何より配送料は格段に安いという、

AmazonせどりのFBA利用者にとっては

まさに理想のサービスです。

詳しいサービスの概要は

運営会社HPに書かれているので

確認してみましょう!

FBA配送に使うCC便の概要

CC便を契約する前に少し立ち止まろう

 

CC便って凄いじゃん!!!早速契約しよう!!

とあなたも思ったかもしれませんね。

しかし、契約する前に

もう少し立ち止まって考えてみましょう。

 

・そもそも他社が配送費を値上げしている中

 なぜcc便だけがこんなに安く配送できるのか?

・実際のサービスは上手く行っているのか?評判はどうなのか?

・商品紛失や破損の際はどこまでの保証が適用され

 それは契約書に記載されているのか?

 

これらのことを精査した上でCC便を導入するか否かを

判断しましょう。

実際、このサービスは応募者が殺到しているので

2018年の前半は満足のいくサービスが提供できない可能性もあります。

なのでもし迷っているのであれば

情報収集すると同時にしばらく落ち着いてから

判断してもいいと思います。

 

CC便以外の配送サービスは?

CC便以外にFBA納品する方法としては

下記の配送サービスが挙げられます。

・日本郵便のゆうパック

・ヤマト運輸の宅急便&ヤマト便

・佐川急便の飛脚宅急便

 

詳しくは下記にまとめているので

合わせてご覧くださいね。

AmazonせどりでFBA納品時に利用する配送業者について

 

本質に戻って利益の出る商品の目利きを

 

配送費を削減することはもちろん重要なのですが

それと合わせて

 

・現状の仕入れ商品はしっかりと利益が出ているか?

・大型商品が多く、利益の割に配送費を圧迫していないか?

 

ということをもう一度確認してみましょう!

いくら配送費を削減できたとしても

そもそも、せどりでの利益が出ていなければ本末店頭です。

今一度、ご自身の仕入れ基準や商品の回転率を見直してみましょうね。

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!