メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

Amazon仕入れAmazon販売!?通称刈り取りとは?

こんにちは、宮本です。

今日は

Amazon仕入れAmazon販売!?通称刈り取りとは?

について記事を書いていきたいと思います。

この刈り取りという手法を身につければ

より短時間で稼げるようになります。

それでは早速行ってみましょう!

 

刈り取りとは?

 

刈り取りというのはせどり用語なのですが、

例えばAmazonで仕入れてAmazonで販売する

というような同じプラットフォーム上で

仕入れと販売をすることを刈り取りと言います。

 

「Amazon刈り取り」ともよく言われていますね。

 

とくに電脳せどり(ネット上で仕入れが完結する手法)

が得意な方は

よく使われている手法だと思います。

 

電脳せどりの基本は、

ヤフオクやネットショップとアマゾンの価格差を調べて、

アマゾンで販売した場合に

利益の取れる商品を仕入れるという感じですが、

その仕入れ先がAmazonになる、という感じです。

 

私もよくこの刈り取りは使っていてます。

慣れればスマホでポチポチするだけで稼げます。

それこそ電車乗ってる時や

 

喫茶店でコーヒー待ってる間に仕入れができます(笑)

 

もちろん刈り取りしやすいジャンルと

刈り取りしにくいジャンルがあります。

なので多少テクニックが必要ではあるのですが…

時給単価は非常に高いスキルですので

ぜひこの「刈り取り」覚えて頂きたいです。

では次に刈り取りがなぜ成立するのか

要因を挙げてみたいと思います。

 

 

自己出品は売れにくいので値段を下げる

 

こちらの画像を見てください。

s_%e5%88%88%e5%8f%96%e3%82%8a1

 

こちらはリトルバスターズという

アニメBlu-rayなのですが、

最安値が自己出品の1000円です。

でその次の値段がFBAで2060円です。

 

s_%e5%88%88%e5%8f%96%e3%82%8a2

その次が2133円、

その次が3330円という値段になっています。

この最安値の1000円を買って

2100円ぐらいでFBAで出品すれば

刈り取りが成立するという感じです。

 

なぜ自己発送のお店はこんなに値段を下げるのでしょうか?

 

恐らくなのですが、

自己発送だと値段を1000円にしても

売れないのだと思います。

 

仮に購入する側の視点に立ってみましょう。

 

よくわからないお店で買って

変なものが届くかもしれないとドキドキするより、

多少高くても

Amazonのマークが入っている信頼できるお店で買って、

万が一の場合は30日間返金保証が付いているお店で

商品を買う方が安心ではありませんか?

 

その商品が欲しい!

という方ならなおさらだと思います。

 

 

あくまで推測ではありますが

上記のような事情で

購入者は1000円ほど高い

FBAの商品を買っていくのだと思います。

Amazonせどりを実践しているあなたは

こういう商品を見つけてドンドン刈り取ってください。

もちろんモノレートをしっかり確認して

売れ行きと適正価格を調べるのを忘れずに!

ぜひこの「刈り取り」をマスターして

コーヒーを飲みながらサクサク稼ぎましょう(^^)/

 

 

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ