メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

小口出品から大口出品に切り替えるタイミング

こんにちは、宮本です。

今日は

小口出品から大口出品に切り替えるタイミングについて

記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

 

小口出品と大口出品の違い

 

s_%e5%b0%8f%e5%8f%a3%e3%81%a8%e5%a4%a7%e5%8f%a31

一番大きな違いは料金ですね。

小口出品は基本成約料100円が

1品売れるたびにかかってきます。

その一方

大口出品は月額4900円の固定費がかかります。

ただ何品売っても4900円です。

ひと月に50個以上売れれば

大口の方がいいのですが

月に10個とかなら

小口出品のままでもいいと思います。

やはり始めたての時は

できるだけ経費は削った方がよいので。

 

大口のもう一つの利点

 

大口出品は経費以外にも利点があります。

注文レポートをダウンロードできたり、

代引き決済が使えるなど様々あるのですが、

さらに大きな利点があります…

それは…

ショッピングカートの獲得です!!

 

ショッピングカートの獲得というのは

下のようにAmazonの商品ページから

何も考えずに右の「カートに入れる」から購入したときに、

販売できる出品者のことです。

s_%e5%b0%8f%e5%8f%a3%e3%81%a8%e5%a4%a7%e5%8f%a32

画像のプリンターですと

右下の一番上の出品者の方が80円安いんのですが

大半のお客さんは新品商品だと

商品に差がないので、あまり考えずに

このまま「カートに入れる」をクリックして、購入されます。

つまり

ショッピングカートを獲得していると

圧倒的に購入される確率が上がります!

しかも他の出品者よりも高値で!!

多くの購入者さんは

あまり他の出品者から出品されている商品を

確認せずに購入されます。

なぜなら

中古の場合は、

コンディションとか価格を詳しく見てから購入されますが

新品商品は、誰から購入しても同じだからです。

 

新品商品を扱う人は

是非ともこのショッピングカートの獲得を狙ってほしいので

新品商品を扱う場合は大口にしていきましょう!

 

ちなみに

私の場合ですが

当然ながら一番最初は小口出品から始めました。

まず

小口出品者登録をしてから、FBAに商品を送りました。

(FBAは大口・小口どちらでも使えます)

そこで実際に出品・販売・発送の流れを体験してみました。

始めてから

1か月ぐらいですかね~。

で、そうこうするうちに月50品以上売れてきたので

大口出品に切り替えました。

切り替え自体は

Amazonセラーセントラル画面でポチっと設定するだけなので

超簡単です。

 

 

そしてそして

今なら大口出品者は最初の3か月間は無料で体験することができます!

なので最初から大口でも全然問題ありません。

ただ、ひとつだけ注意点がありまして

大口出品者3ヶ月無料キャンペーンは

最初から大口出品者で登録する必要があります。

つまり

小口から始めて大口に切り替える場合は

この3ヶ月無料キャンペーンの対象外となるので、

注意してくださいね。

 

 

なのでおススメパターンは

大口で始める
→3ヶ月やってみる
→月に50個以下の販売なら小口に戻す

みたいな感じです。

あっ、ちなみに

どうしてもうまくいかなかったり、

よくわからない場合は

私に聞いていただいても良いし、

Amazonのテクニカルサポートに連絡してみましょう。

ぜひ大口と小口を上手く使いこなして

Amazonせどりで稼いでいってくださいね。

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ