メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

店舗交渉してAmazonせどりをより効率化する方法

こんにちは、宮本です。

今日は店舗交渉してAmazonせどりをより効率化する方法について

記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

 

なぜ交渉できるのか?

 

家電量販店やリサイクルショップも

私たちと同じように

商品をどこかから仕入れています。

なので当然のようにその仕入れ値に

いくらか乗っけて売値を決めています。

 

店舗によってまちまりですが

売値は結構余裕を持って設定されています。

 

中古店であれば特にですね。

 

なので商品によって、あるいは店舗によっては

交渉すれば安くなる。

安くすることが出来るというわけです。

勿論どこまで安くなるかは分かりませんので、

そこは相手さんを見ながらになります。

では、次に交渉のコツについてお話していきます。

 

店舗選定のコツ

 

交渉するときはまず店舗を見極めましょう。

交渉しやすい店舗と交渉しにくい店舗があります。

では交渉しやすい店舗とはどんな店舗でしょうか?

お店側としてはいつも売上を上げたいと考えています。

 

という事は…

 

競合が周りに多かったり、郊外に店舗を構え、

売上があまり上がってないようなお店。

 

 

こういうお店が比較的、交渉しやすいです。

 

例えば家電量販店のビックカメラ。

梅田周辺や京都駅周辺のビックカメラは交渉の余地はありませんが…

例えば郊外にあるビックカメラなら…

ぜひ探して、交渉してみてください。

 

店員さんを見極める

 

では店舗を見極めて実際に交渉していきます。

その時、

店員さんに誰でもかれでも声をかけていいわけではありません。

いや、もちろんかけていいのですが

それでは時間がかかり過ぎてしまいます。

 

交渉するのは決裁権のある店長クラスの人。

 

その人目がけて交渉です!

アルバイトさんや一社員さんに交渉しても

「いや~ウチはそういう値引き一切しないんですよ~」

と言われることが多いです。

 

で、そんなときでも店長さんに交渉すると

「あ~いいですよ。割引しますよ」

みたいなケースが結構あります(笑)

 

なので交渉するときは決裁権のある店長クラスの人。

これを心がけましょう。

店長クラスの人もできれば若くてアグレッシブな人がいいですね。

売上上げたるねん!みたいなギラギラした人です。

そういう人は値下げしても、

長期的に優良顧客を掴もうとしてくれますので(^^)/

ぜひお試しください。

 

まとめ

意識してほしいのは

あくまで我々は「買わせてもらっている」

 

という立場にあるということです。

お店側が「もう売りません」と言ってしまえば

我々はどうしようもないので…

あくまで謙虚な気持ち、

お店側にも喜んでもらえるような提案をして

長期的に良い関係を築いていきましょう!

 

s_交渉

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ