こんにちは、宮本です。

今日はAmazonのマーケットプレイスの

登録日の注意点について

記事を書いていきたいと思います。

マーケットプレイス登録日の設定次第で

資金繰りがかなり変わってきます。

場合によってはかなり苦しむことも…

それでは早速行ってみましょう!

 

マーケットプレイス登録日は日曜日に!

 

必ず守って頂きたいのは

Amazonマーケットプレイス登録日を日曜日にすることです!

??

クエスチョンマークが飛んだ方も多いと思います(笑)

多分、

せどりを始めたばかりの自分に言っても、

はっ?って言われると思います。

 

Amazonマーケットプレイス登録日は入金サイクルを意識して

 

詳しく説明しますと、

Amazonの売上の入金ペースは14日サイクルになっています。

ということは、登録した日から14日サイクルで

Amazonからの入金があります。

そして1番覚えておいて欲しいことは、締め日が14日スパンということです。

 

マケプレは14日サイクルの入金スパン

 

通常Amazonの入金は締日から

3日営業日目で口座に入金されます。

1日が日曜日で登録した人の場合、

14日が日曜日なら水曜日17日のあさイチに入金されます。

一方、これが水曜日を締め日にして登録してしまった場合。

1日が水曜日で登録した人の場合、

14日が水曜日なら翌週の月曜日19日のあさイチに入金されます。

なぜなら土日は営業日ではなく、翌週の平日に繰り越されるからです。

なので、口座に振込まれるのが翌週の月曜日になります。

ということは実質振込までに19日掛かります。

 

2日の入金の差が天国と地獄

 

たかが2日じゃん(笑)

と思っている方もいると思いますが

2日違うだけで天国と地獄を味わう可能性があります。

私の周りでよく聞くのが

Amazonからの入金が

クレジット支払い日に間に合わなくなるパターンです。

特に1回の振込額が100万円以上になってくると

その差は顕著ですね。

あと、2日振込日が早かったら支払いできたのに…

というパターンや、

単純に2日早く振り込まれれば、

その資金を使って再度仕入れに行くことも可能です。

2日のロスって小さいように見えて実はかなり大きいです。

 

マケプレ登録日を日曜日にするもう1つの理由

そして日曜日を締日にするもう一つの理由は、

商品は金・土・日の週末によく売れるということです。

もちろん扱っているモノによってバラつきがありますが、

私の経験上、商品は週末によく売れて行きます。

自分が消費者の立場になるとそうですよね。

よっぽど緊急な物以外、

週末のホっとした時に買い物をしたいものです。

で日曜日を締日にすると、

その週末で売れたまとまった金額が口座に入っていきます。

これが平日の水曜日を締日にしてしまうと、

まとまった売上が確保できないまま入金。

というパターンが多いです。

締日の次の日に高額商品が売れてしまった!!

という事もよくあります(笑)

で、こうなると

 

カードの支払いが間に合わない

→値段を下げて早く売りたい

→想定していた利益が出ない

→儲からない

 

という負のスパイラルに陥ってしまいます。

あなたにはこの負のスパイラルを避け、

資金繰りを安定させ、高利益でしっかり売り、

ザクザクと儲けて頂きたいです。

 

Amazonマーケットプレイス登録日のまとめ

 

という事で

これからAmazonせどりを始められる方は、

日曜日に登録されることをおススメします。

物販においては資金繰りが全て!

と言っても過言ではないのでここは慎重に注意深くやっていきましょうね!

 

今回の記事は以上です。

それでは、

引き続き次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!