自分ビジネス  
マインド

断捨離とは?捨てるとお金持ちに?僕の実体験を元に解説

断捨離

こんにちは、宮本です。

今日は断捨離するとお金が入ってくる?その真相を実体験を元にご紹介したいと思います。

コンマリこと近藤真理子さんが有名にしたこの断捨離ですが、実際にやるとどうなったのか?ということを実体験を交えてご紹介します。ぜひ最後までご覧くださいね。

断捨離とは?

それではまず「断捨離」とは何か?という事について解説していきます。

断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする考え方のことです。2009年に発売されたやましたひでこさんの著書がきっかけで一般の人たちにも広まっていきました。

断捨離は、「もったいない」という固定観念に凝り固まってしまった心を、ヨーガの行法である断行(だんぎょう)・捨行(しゃぎょう)・離行(りぎょう)を応用し、

断:入ってくるいらない物を断つ。
捨:家にずっとあるいらない物を捨てる。
離:物への執着から離れる。

として不要な物を断ち、捨てることで、物への執着から離れ、自身で作り出している重荷からの解放を図り、身軽で快適な生活と人生を手に入れることが目的であるとされています。

ヨーガの行法が元になっている為、単なる片付けとは一線を引かれているようですね。著者であるやましたひでこさん自身も、物を溜め込む母親に対して毒親視するような感情が、断捨離を行うことによって改善したと語っておられます。

やましたさんが語る断捨離

また、やましたさんは断捨離について以下のようにも語っておられます。

「日本では伝統的に「もったいない」という観念・考え方があるが、この考え方が行き過ぎると物を捨てることができなくなります。そしてすでに使わなくなったモノ・将来も使うはずがないモノなどが家・部屋の中に次第に増えてゆき、やがては自分が快適に居るための空間までが圧迫され、狭くなります。そして人は膨大なモノを扱うのに日々 膨大な時間や気力を奪われるようになってしまい、知らず知らずのうちに大きな重荷となっていて心身の健康を害するほどになってしまう」

やましたさんから始まった断捨離。

後に様々な著者によって、断捨離を扱った本が出版されるようになります。自分と物との関係だけでなく、仕事と人間関係にも断捨離を実践することをすすめる書物も出版されるようになり断捨離は、「断・捨・離」として2010年の流行語にも選ばれるほどに世間に浸透していきました。

断捨離とお金持ちの関係

それでは次に「断捨離とお金持ちの関係」について解説いたします。

これは個人的見解なのですが、お金持ちは断捨離上手な気がしますね。不要なモノは処分し、家の中はすっきりして綺麗な状態を保ってます。

代表的な例で言うと、ホリエモンこと堀江貴文さんですね。

堀江さんはモノを持つということにこだわらず、家の中に高価なものはほとんど置いてないそうです。唯一金目の物と言えば大型のテレビらしいですが、それもこの前処分してしまったとか。

本人いわく「泥棒が入ったらガッカリする家」だそうです(笑)。

堀江さんだけに限らず、多くの成功者・お金持ちはモノに執着しません。部屋の空間を大事にし、住まれている部屋は綺麗でさっぱりしています。

恐らく自分の中でいるものといらないものの線引きをしっかりされているのでしょう。お金持ちの方でモノが部屋に溢れかえっている、という話はあまり聞いたことがありませんもんね。

断捨離してお金が入ってきた実体験

それでは僕が断捨離をしてお金が入ってきた実体験をご紹介します。とは言っても僕の場合、家の中の不用品を捨てるのではなくインターネットを使って販売しました。

具体的には漫画の全巻セットやアーティストのDVDなどですね。これらをAmazonやメルカリ、ラクマで販売し、5万円程度のお金を手にしました。

そしてここからがさらに重要なのですが部屋の中がスッキリし、自分の気持ちが変わり、より仕事を頑張ろうという気持ちになりましたね。

結果的に今まで以上にお金が入ってくるようになりましたね。

断捨離のまとめ

以上が「断捨離するとお金が入ってくる?」についての解説です。今日の記事を参考にまずは家の中を見渡して、スッキリさせていきましょうね。

と言う事で本日はこの辺りで。最後までお読み頂きありがとうございました!

ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

友だち追加
ABOUT ME
アバター
宮本達裕
【自分ビジネスコンサルタント】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し25歳で独立。現在はスタッフ3名と共に物販事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。
自分ビジネス