マインド

キングダムのその後!項羽の敗因と100戦1勝の劉邦の勝因とは?

項羽,敗因

こんにちは、宮本です。今日は「キングダムのその後!項羽の敗因と100戦1勝の劉邦の勝因とは?」という事について解説いたします。

キングダムのその後と項羽の敗因

劉邦という人物は漫画キングダムで有名な始皇帝の後に中国を統一した人物ですね。劉邦は始皇帝の死後、荒れ果てた国を「漢」に統一した歴史上の人物ですがその統一までは失敗ばかりだったようです。

そこで今日はその劉邦のエピソードと劉邦に負けた項羽の敗因についてご紹介したいと思います。これは現代のビジネスマンにも参考になる点があるのでぜひ最後までご覧くださいね。

それでは早速内容に行きましょう!

劉邦とはどんな人物?

まず初めに劉邦という人物について簡単にご説明いたします。

劉邦は古代中国「漢王朝」の初代皇帝です。劉邦の実家は元々、農家をしていたのですが、劉邦は働くこともせず、怠け者だったようで親族とは折り合いが悪かったようです。

40歳も半ばになり才色兼備の奥様をもらってからも、その奥様に働いてもらって自分は家でゴロゴロしていたようですね。

言うならば今で言うフリーターやニートです(笑)

いや、もしくはヒモ男でしょうか(笑)

しかしそんな劉邦ですが、とても魅力的な人物で劉邦の周りには多くの有能な人物が集まったようです。

項羽が天下統一目前

その当時の中国はキングダムで有名な始皇帝という皇帝が亡くなったあと各地で争いが相次ぎ、荒れ果てていました。

そんな中で急速に勢力を伸ばしてきたのが項羽という20代の若者です。

項羽は武勇に優れ、各地を強引な武力で制圧し瞬く間に自分の勢力を中国全土に伸ばしました。

劉邦も何回も戦いを挑んだのですがその度に負けそして逃亡する、ということを繰り返していたようですね。ざっくり計算すると劉邦は100回戦って99回負けていたそうです。

最後の1勝で中国を統一した劉邦

戦いに弱い劉邦。対戦成績で見ると100戦して99敗とボロ負けですよね。

そんな劉邦ですが項羽との最後の1戦で見事勝利し、中国全土を統一してしまいました。

なぜ武勇に優れ、若くて優秀な項羽が40代で弱弱しい劉邦に負けてしまったのでしょうか?

様々な要因があるのですが一番の原因としては項羽は独断専行が多く、人望の無さから優秀な人材が離れたという点だと言われています。

項羽の敗因は自分を過信しすぎた事

項羽の下で働いていながらも能力を認められず劉邦のもとについた武将は数多くいました。

特に有名な武将は韓信という人物ですね。

韓信という人物は軍事能力に秀でていて最後の決戦で勝利を決めたのも韓信の采配だったと言われています。

そんな韓信を初めとした優秀な人材たちが「項羽は独断ばかりで自分たちの能力を認めてくれない」と不満をあらわにし、次々と劉邦側に加わりました。

そして優秀な人材を集めた劉邦は戦いのたびにその優秀な部下に意見を求め、そして実行した事が失敗するとすばやく退却しまた計画を立て直すというPDCAサイクルをまわし続け、そして最後は中国全土を統一するまでになりました。

これこそが項羽の敗因と劉邦の勝利の理由ですね。

項羽の敗因と100戦1勝の劉邦の勝因のまとめ

以上が「項羽の敗因と100戦1勝の劉邦の勝因」についての解説です。

富や名声も無く、軍事の才能も無く、40代で女性のヒモになっていた男が中国という広大な土地を一つの国家としてまとめ上げたのは優秀な人材を集めその人材が最大限能力を発揮できるよう環境を作り計画が失敗してもすばやく退却してまた計画を立てなおすというよなマネージャー(社長業)としての才能があったのでしょうね。

今回は古代中国の例ですがこれはの現代のビジネスの世界でも通じる所があります。時代は変われど、人の本質はさほど変わりませんからね。

もしあなたが管理力(マネージャー)や社長業についておられるならぜひ今日の記事を参考にしてみてくださいね。

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

友だち追加

こちらもいかがですか?

宮本の公式メルマガ



宮本の公式メルマガ