自分ビジネス  
テクニック

せどり融資!僕が政策金融公庫の創業融資に成功した方法

せどり,融資

こんにちは。宮本です。

せどりを実践し、利益が出てくると「もっと資金があれば利益を伸ばせるのに…」と思うようになると思います。
物販は「キャッシュイズキング」の側面が強いので、現金があるのに越した事はないですよね。

そんな時におすすめなのが「融資」を受ける事です。

融資なんて敷居が高そう…金利が高いんじゃないの…

と思うかもしれませんがきちんとポイントを絞って申請すればかなり高い確率で融資を受けることができます。

今回は僕が実際に融資を受けた時のエピソードも交じえながら解説して行きますのでぜひ最後までご覧下さいね。

それでは早速内容に入って行きましょう!

せどりで融資は可能なのか?

そもそも、せどりという業種で融資を受けることは可能なのでしょうか?結論から言うと

全く問題ありません!

インターネットを使ったビジネスせどりと言えどリアル店舗で小売業、リサイクルショップを経営するのと何ら違いはありませんからね。

せどり=副業でのお小遣い稼ぎ

というイメージがあるかもしれませんが、立派なビジネスですのでその辺りはご安心頂ければと思います。

せどりで融資を受けるメリット

せどりで融資を受けるとどんなメリットがあるでしょう?

まず初めに仕入れ資金が増えるので思い切った仕入れができます。

今までこの商品を1ヶ月に3個しか仕入れできなかったけど、思い切って10個仕入れてみよう!

ということや

仕入れ値が一つ10万円以上の商品を扱おう

ということもできますね。また資金繰りを気にして値段を必要以上に下げることも無くなると思います。

せどりという物販ビジネスにおいて融資で仕入れ資金を増やせることはメリットしかありません。

せどりで融資を受けた時の金利は?

融資を受けるときに気になるのは金利だと思います。しかしながらこの金利ほとんど気にする必要はありません。

今回ご紹介する融資は大体、年利1%から2%で返済期間も5年から7年という好条件で融資をしてくれます。

融資=借金=高金利

というイメージを持たれるかもしれませんが起業を促進する現代ではこのように驚くほど好条件で融資を受けられるのです。

日本政策金融公庫の創業融資とは

それでは融資を受ける上で一番オススメの事業所をご紹介します。僕がおすすめするのは日本政策金融公庫という事業所です。

日本政策金融公庫というのは「国の金融機関」の一つです。ひょっとすると「国金(こっきん)」という呼び方の方がしっくりくるかもしれませんね。

この「日本政策金融公庫」は国金の呼び名で親しまれてきた国民生活金融公庫の事業を引き継いだ機関です。

この機関の融資は審査、金利、とあらゆる面で一般貸付よりも優遇されています。特に起業時におすすめなのが「創業融資」というものです。

これは

・新たに事業を始める方
・確定申告を2期終えていない方
・一定の要件を満たす方
・創業資金額の10分の1を確認できる方

という条件があるのですが、きちんと資料と事業計画書を提出し将来のビジョンをしっかり説明できればかなり高い確率で融資を受けることができます。

詳しくは最寄りの日本製作金融公庫の支店。もしくは商工会議所の支店を訪ねてより詳しい話を聞いてみましょう。

せどりで融資を受ける手順

では実際に日本政策金融公庫でせどりの融資を申し込むための手順を解説していきます。

各都道府県で若干の違いはあるかもしれませんが大まかな手順は以下の通りです。


・日本政策金融公庫にTELL

・最寄りの支店で説明を受ける

・担当者の方にアドバイスをもらいながら

 事業計画書を作成
・必要書類、預金通帳のコピーなどを揃えて提出

・約1ヶ月後に結果発表

上記の流れで申請から約1か月後には結果が出ます。ポイントとしては

必ず担当者の方の言う通りに書類を作成する

という事です、この点だけ注意すれば融資は多分大丈夫です。

というのも僕が担当者の方から聞くと「融資はきちんと条件に沿って申請すればかなりの確率で通りますよ。残念ながら私たちの言う通りに申請してくれない人が大半ですが….」と嘆いておられました。

政策金融公庫側としても、できるだけお金を貸したいようですね。

それでは参考までに僕が初めて融資に成功した際のエピソードをメルマガのバックナンバーからご紹介したいと思います。

せどり融資!日本政策金融公庫の創業融資に成功!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんばんは!宮本です。昨日の午前9時半ごろ、僕はいつものように喫茶店でホットコーヒーを飲みながらボ~っとしていました。すると

ブーン、ブーン、、、

と、知らない番号から電話がかかってきました。

朝からセールスの電話かな…と思いながら恐る恐る電話に出てみると、、、、

「日本政策金融公庫の○○です」

……

「日本政策金融公庫」の担当者さんからの電話でした。

僕は京都に住んでいるので日本政策金融公庫の京都支店に伺っていました。年末商戦に備えて、せどりの仕入れ資金に余裕を持たせようと思っていたからです。

「宮本さん、融資通りました!つきましては書類を揃えていただきたいのですが…」

……

(^^)/(^^)/

これは朝から幸先が良い!このタイミングで資金が増えるのは非常にありがたいですね。12月に向けて、忙しくなりそうです。

ホビーせどらーコウセイさんを始め、たくさんの方から資料やアドバイスをいただき無事に数百万円の融資が通りました。

感謝、感謝です。やっぱり人の繋がりってデカいですね~。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まとめ

それでは今回の記事をまとめます。今回のせどり融資をまとめると

・せどりを拡大するなら融資を受けた方が良い

・融資もポイントを絞れば大丈夫

・おすすめは日本政策金融公庫の融資

・必ず担当者の言う通りにする事

というような感じです。

もしあなたが事業を拡大しよう!と思っていて融資を検討されているならぜひ今回の記事を参考に融資に挑戦してみてくださいね。

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

ABOUT ME
アバター
宮本達裕
【自分ビジネスコンサルタント】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し25歳で独立。現在はスタッフ3名と共に物販事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。
自分ビジネス