テクニック

Switch転売が稼げない理由とネット物販で月31万円稼いだ方法

Switch転売,稼げない理由

日本を代表するゲームメーカー「任天堂」。その任天堂が生み出した「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」は2017年の発売当初から記録的なヒットとなりました。

その人気ゆえに、巷の家電量販店からSwitchは消え、ネット上で定価より高値で取引されることもしばしば。

定価でSwitchを買ってネット上で高値で売る。そんな手法がお小遣い稼ぎの方法の1つとして話題になり、店頭でSwitchを買えずに嘆く人の声や、家電量販店店員の悲鳴が聞こえる事も多いですよね。

インターネット物販を実践する僕の目線で言えば「Switch転売って労力の割に稼げないのでは…」なんて思ってしまうのですが、今回のブログ記事では「Switch転売が稼げない理由と僕がネット物販で月31万円稼いだ方法」についてご紹介いたします。

転売って?

ではまず前提として「転売とは何か?」ということについてご説明いたします。

フリー百科事典で検索すると「転売屋」とか「転売師」と表記されています。

数量が限定される入手困難な商品を転売目的で購入(個人ないしアルバイト等で雇われた複数人)し、インターネットオークション等のインターネットを介し高値で販売することを生業・趣味とした一般個人を指すそうで「チケット転売のダフ屋」もこれに該当するそうです(ちなみにチケットを定価以上で売る事は犯罪なので絶対にやめましょう)。

Switch転売とは

人気があり入手困難である「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」。

これをアルバイトなどを雇って複数台定価で購入し、そしてインターネット上で販売し、差額を得ることを「Switch転売」と呼びます。

家電量販店側も「1人1台まで」と制限をかけているのですが、複数人のアルバイトを雇って購入される為、対応に困っているんですよね。

何より「ゲームが欲しい小さな子供」に「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」が行き渡らないという事に関して、心が痛いです。

Switch転売が稼げない3つの理由

そんな「Switch転売」ですが、これが稼げるかと言えばそうでもありません。
理論上で言えば必ず利益は出るはずなのですが、そうは問屋がおろさない事もしばしば。

ネット上の値段が崩れる

商品の値段というのは“需要”と“供給”で成り立っています。

わかりやすく言うと「買いたい人」と「売りたい人」の数ですね。

Switch転売というのはインターネット上で「買いたい人が多く、売りたい人が少ない」という状況がゆえ商品が高値になるのですが、それが崩れる事もしばしば。

ゲームメーカー「任天堂」も常にSwitchの増産を計画していますからね。

それゆえインターネット上の値段が崩れると、定価で仕入れたSwitchは当然赤字で売らないといけません。

バイトの教育と管理が大変

Switch転売はアルバイトを複数人雇い、それぞれにお金を渡してSwitchを購入してもらい、そしてバイト代を渡して、Switchを受け取り、それをインターネット上で高値で販売する事で初めて利益が得られます。

なのですが…これ結構大変だと思いませんか?笑

そもそもアルバイトにお金を渡す事もリスクだし、みんながみんなきちんと仕事をしてくれるとは限りません。当然お金持ち逃げや商品持ち逃げする人も出てくるでしょうし、仮に全て上手く行っても1で挙げたように「ネット上の値段が崩れる」というリスクも当然あります。

そもそもやる人がすでに多い

インターネット上で話題になるほどの「Switch転売」。

当然ながらやろうとする人も数多くいます。そんな飽和状態の方法を今から実践し、1や2で挙げたようなリスクをクリアし、そして利益を得る事が果たして現実的なのでしょうか?

道徳的にどうなの?という議論は置いといたとしても、「Switch転売で稼ぐ」というのはどうも現実的では無いような気がするんですよね。

Switch転売

僕がネット物販で月31万円稼いだ方法

Switch転売は稼げないor稼げるけど労力がかかる。

では個人でリスクを少なくしながら稼ぐにはどうすれば良いでしょうか?

それでは次にネット物販歴5年の僕がいっちばん最初に何をしたのか?ということについてご紹介しますね。

店頭で余っている商品はないか?

僕がこのビジネスを知ったのは2014年頃。

当時はブックオフで古本を仕入れてネットで販売するという手法が有名であり、稼げる手法でした。

なので最初は僕もブックオフに古本を仕入れに行ってみたのですが、本の種類の膨大さにすぐ挫折してしまったんですよね(笑)

挫折

ですので世の中で流行っている手法とは異なる事に取り組みました。

具体的には京都にあるリサイクルショップに飛び込み営業をしました。ネットショップを始めようかと思うのですが、店頭で売れない余っている商品はありませんか?もしあれば安く買わせてもらえませんか?」てな感じです。

会社員時代営業マンだった僕にとっては古本をリサーチするよりも営業の方がよっぽど簡単だったんですよね。

型落ちの商品が在庫に

これ店頭で売れへんのよ。新しい商品も入ってくるのに売り場面積圧迫してて…これなら安くで売れるで」。

そう言ってお店の人が差し出したのは10年前以上に発売された型落ちのカメラ。
「こんなものが売れるのかな?」。そう疑問に思いましたが試しにネット上に出品すると2日で完売。

「これはイケる!」。そう思った僕は急ぎ「古物商」を取得し、早速京都中のリサイクルショップや家電量販店に営業に回りました。

型落ち商品や汚れがひどい商品、簡単に修理すれば販売可能な商品を数多く仕入れることに成功し、それをインターネット上のショップで売ることで、開始2ヶ月目で31万円の利益を得ることができましたね。

リアルの店舗で余っている商品を教えてもらい、それをネット上で適性価格で販売する。

こうやって僕は世の中の商品(主に中古家電商品)の需要と供給を学び、ありがたい事に今もつつがなく商売ができています。

仕組み化し自動収益化

現在では在宅のアルバイトさんを雇って、商品の修理や梱包、発送業務をお任せしています。

商品の仕入れに関してもスマホの修理会社さんや卸業者さん(メーカーと小売店の中間)から商品が流れてくるので、それをバイトさんの自宅にお送りする事で、僕自身はどこにいても何をしていても自動で収益が上がるようになりました。

スペイン旅行

人は最新のものが欲しいわけではない

しかしながら「そんな型落ちの中古商品なんて売れるの?」とあなたは思ったかもしれませんね。

その気持ちはとーーーってもわかるのですが、人って必ずしも最新のものが欲しいわけじゃないんですよね。

かたくなにiPhoneSEを使い続けた過去

iPhone
僕はApple信者でしてパソコンやイヤホンは全てAppleで揃えているんですよね。

スマホも当然の如くiPhoneなのですが最新のものが出ればすぐ買い換えるかという訳でもなく、サイズ感がフィットして使いやすいiPhoneSE(初代)を使っていました。

iPhone7、8、Xが出ても頑なにiPhoneSE(初代)。

かれこれ6年ぐらい経ってようやくiPhoneSE2に変更しましたが、iPhoneSE(初代)のサイズでスペックが最新であればいつでも戻りたいぐらい。

僕のiPhoneは極端な例ですが、あなたもありませんか?

掃除機、ドライヤー、炊飯器などなど。「こんな機能いらんねんけどな〜前のままで十分やねんけど」と想って以前の型を買ってしまう事が。

仕事の気分が乗らない
もちろん最新の商品がいいのはいいのですが、人って「昔の型の商品の方が良い」っていうニーズも絶対あるんですよね。

特に「日本の家電製品」って優秀で古い型番でも最新のものと遜色ないですし。

という事で、ぜひ「人のニーズは多種多様」という事も覚えておいていただければ。

 

まとめ

お金に色はない。

お金には良いお金も悪いお金も無いという意味ですが、できれば世のため人のために価値を生み出し、その対価としてお金を得たいですよね。

Switch転売というやり方でも確かにお金を得られるのですが、お店の人や小さい子供を困らせてまでお金を得るというのも、個人的には少し違うのかな〜とも。

自分で稼ぐ事が必須な時代だからこそ、世のため人のために仕事をして価値を生み出し、その結果お金が得られるんだ、という事は肝に銘じておきたいものです。

商売,価値の提供

 

ABOUT ME
アバター
宮本達裕
Amazon販売専門家。在宅オンライビジネス専門家。元トップ営業マン。勢いで起業→収入ゼロから2ヶ月で月収31万円→Amazon自動収益化&ビジネスコミュニティ主宰。詳しい経歴はプロフィールからご覧くださいね。