こんにちは、宮本です。

今日はモノレートの使い方について

記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

モノレートとは?

モノレートとは

Amazonで売られている商品について

様々な情報が知れる無料サイトです。

無料で使えて、高性能なサイトなので

Amazonせどりをする多くの方が利用しています。

モノレートでは、

主に商品の3つの情報を確認する事ができます。

 

『どの期間にどのくらい売れるのか』
『中古が売れているのか、新品が売れているのか』
『ライバル数』

 

この3つさえ知る事ができれば、

物販で被りそうなリスクを

極限まで減らすことができます。

このモノレートを使いこなすことが

Amazonせどりで成功するための鍵とも言えます。

 

商品検索方法

 

早速、使い方を実践していきます。

この記事の流れ通りに手順を進めれば、

誰でも仕入れで成功できるようになります。

慣れるまでは、

この記事をブックマークなどして、

ぜひいつでも見れるようにしておいてくださいね。

ではまず、商品検索から。

グーグルで「モノレート」と検索しましょう。

s_%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%881

スマホで利用したい場合は、

このモノレートのトップページを

『ホーム画面に追加』しておくと

便利でいつでも使えます。

商品情報を知るためには、

赤で囲んだ検索窓に、

商品のJANコード(バーコード番号)や、

商品タイトル、そしてキーワードを入れると、

検索する事ができます。

s_%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%882

今回は試しに『PS3 実況パワフルプロ野球2014』で検索してみます。

s_%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%883

商品が出てきました。

下にスクロールすると

さらに詳細な情報が出てきます。

それでは順に解説していきます。

 

波形を確かめ売れ行きをチェック

 

一番モノレートで一番重要なのは波形です。

まずは波形の見方を学びましょう。

Amazonでは商品が売れると、

その瞬間にランキングが上がるアルゴリズムを採用しています。
(実際にはもっと複雑らしいです。)

なので下記の図のように、
グラフが下にふれる
=ランキングが上昇した
=商品が売れた

 

という事です。

 

s_%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%884

3か月でどれくらい売れたかを見てみましょう。

赤で囲んだところが

わかりやすく大きくランキングが動いた所です。

それ以外の所でも売れているので

3か月でめちゃくちゃ売れていることがわかります。

せどり初心者は

こういう商品を最初は仕入れると良いですね。

出品すれば1週間ぐらいで売れますので。

売れるという事が分かった所で、
次は新品か中古か

 

どちらが売れているのか確認します。

 

新品or中古どちらが売れている?

 

先程のモノレートの商品ページを下にスクロールすると、

何やら色々数字が並んでいます。

ここの数字もとても重要なので、

必ず理解してマスターしておいてくださいね。

s_%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%885

一番上の赤丸を見てみましょう。

2016年の11月13日から14日にかけて

ランキングが1696位から1117位に上がっています。

新品の出品者数を見ると26人から25人に減っています。

これは新品が売れたと推測できますね。

次にその下の赤丸を見てみましょう。

11月8日から9日にかけて

ランキングが1402位から1136位に上がっています。

中古の出品者を見ると51人から46人に減っています。

これは中古が売れたと推測できます。

このようにモノレートをしっかり見れば

新品か中古どちらが売れているのかを

しっかり確認できます。

商品によっては、

新品は売れているが中古は全く売れない

というものもあるので注意しましょう!

 

ライバルの数と平均売値

 

先ほどの図をもう一度確認しましょう。

 

s_%e3%83%a2%e3%83%8e%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%885

 

出品者の数が新品・中古にそれぞれ表示されています。

新品は大体23人~26人、

中古は35人~45人ぐらいですね。

最安値の値段は大体新品が4000円前後、

中古が1200円から1700円ぐらいです。

出品者の数がこのぐらいなら、

値段もこれぐらいで売れるということがわかります。

 

ただまれに

この出品者の数が極端に増えるときがあります。

イオンやGEOなど全国に店舗があるお店が

一斉にセールをした時などですね。

こういう時、

一時的に出品者の数が急激に増え、

商品の値段が暴落することがあるので注意しましょう。

ただこういう時も

モノレートの出品者の数を細かく見ていれば

自然とわかるかと思います。

必ず兆候がありますので。

 

逆に言えば、

急激に出品者が増えている商品を見つければ

「どこかでセールをやっているかも?」

ということも読み取れます。

モノレートを使いこなして

しっかり利益を残していきましょう!

 

モノレートを制するものは、Amazonせどりを制す

 

長くなりましたが、

モノレートの使い方をご理解頂けたでしょうか?

モノレートを活用すれば、

成功への距離はグッと近くなります。

ぜひモノレートを有効活用し、

Amazonせどりで成功をつかんで下さい!

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!