こんにちは、宮本です。

今日は店舗交渉は見た目が9割の法則について

記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

 

人は見た目が9割

 

「メラビアンの法則」というものをご存知でしょうか?

アメリカの心理学者、アルバート・メラビアン氏が提唱した概念で、

第一印象のほとんどは「視覚情報」から得られている

というものです。

 

「人は見た目が9割」という新書も有名ですので

ご存知の方も多いかもしれませんね。

 

で、この「メラビアンの法則」

具体的に書くと、人の印象を決定する要因には

 

言語情報(Verbal:7%):話の内容、言葉そのものの意味
聴覚情報(Vocal:38%):声の質・速さ・大きさ・口調
視覚情報(Visual: 55%):見た目・表情・しぐさ・視線

 

であるとされています。

つまり人は

話の内容はそんなに重要視していないという事ですね。

 

それよりも「見た目と口調」

 

これで人の印象の9割以上を決めているということです。

これを店舗交渉に応用することができないか?

私の実例を交えて紹介したいと思います。

 

実際、店舗交渉で試してみると

 

私が初めて店舗交渉をしたのは

2年半前の8月でした。

その日は気温も35度を超える日で

私はTシャツ、短パン、ビーチサンダル、といういで立ちでした。

 

でその恰好で

大阪の家電量販店で交渉をしたのですが…

交渉は全て撃沈です…。

 

「あ~やっぱり店舗交渉って難しいんだな~」

と思い帰宅したことを覚えています。

 

 

で、それから3ヶ月後の11月。

大阪の同じ店舗に仕入れに行きました。

その日は肌寒かったので

 

ジャケットとか着て、靴も革靴っぽいのを履いていたんですね。

 

で、ピコピコ仕入れをしていると…

なんと店員さんが話かけてきました!

 

「よかったら安くしましょうか?」

 

ぬぉ!マジか!

で交渉して消費税分を負けてもらいました。

その後、違う店舗にも行ったのですが、

 

店舗によっては交渉できて

値段を負けてくれることがありました。

 

服装か…服装だけでこんなに変わるのか…

そんなことを思いながら帰宅しました。

もちろん服装だけではないと思いますが…

その要因の一つになったのだと思います。

店舗交渉に行かれる際は

ぜひお試しください。

 

営業マン時代の経験

 

私はサラリーマン時代、広告営業をしていました。

ホットペッパーみたいなやつですね。

飲食店とか美容室に営業に行って

「広告出しませんかー?」

みたいな感じです。

 

で、広告営業の人って

 

服装に無頓着な人が多いんですよね。

 

 

 

紫のジャケット着たり、髪の毛茶髪だったり、ネクタイが派手な柄だったり。

 

そんな中、私は上下黒のスーツ、短髪黒髪、ネクタイは紺か赤。

 

みたいな服装でした。

 

一見すると銀行マンみたいな無難な服装です。

で、実際営業成績はどうだったかと言うと

ベテランの営業マンよりも良かったりしました。

経験で言えばベテランの人がありますし、

営業トークに関してもベテランの人の方が達者です。

私は経験もないし、雑談もできないし、

吃音なので話の途中でしょっちゅうつっかえます。

 

にも拘わらず

私の方が営業成績が良いのは、服装と雰囲気。

これを私が意識した結果だと思います。

全身ブランドもので固める必要はありません。

ユニクロで十分揃います。

 

 

ぜひあなたも服装に少し気を配って、

店舗交渉でガンガン仕入れをしてくださいね。

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!