メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

ゆうパック後納契約を結んで配送費を半分にする方法

こんにちは、宮本です。

今日は

ゆうパック後納契約を結んで

配送費を半分にする方法について

記事を書いていきたいと思います。

 

配送費というのは積み重なってくるとバカになりません。

個人でせどりをされている人でも

普通にやれば配送費が

年間30万円ぐらいかかってしまいます。

それを半分にできれば大きいですよね!

15万円分がまるまる利益です。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

料金後納

 

今回ご紹介するのは

日本郵便さんがやっている

「料金後納」という方法です。

これは

一般の方よりも多くの郵便物を発送することで
通常よりも40~60%ぐらい配送費が安くなる。

 

というものです。

その他にも

 

・料金を一か月分にまとまられるので、経理業務を省略化できる

・切手を貼る手間が省けるため、発送業務を効率化できる

・金融機関の預貯金口座から料金を自動的に支払うことができる

・料金や取扱いがさまざまな郵便物・荷物について一ヶ月単位で料金の一括払いができる

 

というようなメリットもあります。

利用条件としては

 

・郵便物・荷物を毎月50個以上出す必要があります(地域によって異なります)。

 

「もし達成できなかったら、、、」と

不安になるかもしれませんが、大丈夫です!

もし達成できなければ一年後に

契約を打ち切られるだけです。

怒られたりすることは全くありません。

 

実際の交渉の手順

 

では実際に交渉していきましょう!

まず取扱い支店に行き、窓口で

「料金後納をお願いしたいのですが、、」

と言うと、奥の方に通されます。

(私は京都駅前の京都中央郵便局に行きました)

そこで、

 

どのような荷物を送るのか?

主にどこに送るのか?

一ヶ月にどれぐらい送るのか?

 

など簡単に用紙に記入し、

その日は終わります。

後日、見積りが届くので、まずは確認です。

以下のような運賃表が届きます。

 

s_%e5%be%8c%e7%b4%8d1

 

その時点では、いつも使っている

「はこboon(ヤマト運輸)」

とあまり変わっていませんでした。

 

なので、担当の方に連絡し、

「いつも使っているヤマトさんはもうちょっと安いのですが、、、」

と話し、希望額を伝えます。

ちなみにその時

 

「あくまで第一希望は郵便局さんです!」

 

と伝えることも大事です。

そして何度かの交渉の末、

160サイズの段ボールまでなら

 

500円で送れるようになりました!(京都~大阪間)

 

交渉が上手くまとまれば、次に担保の提供を求められます。

担保は以下のいずれかです。

1. 現金
2. 当社が定める有価証券
3. 当社が定める保証

担保などと難しく表現されていますが、

 

1ヶ月の発送の合計が5万円だとしたら、

その2倍、つまり10万円を通帳に入金し、

残高を10万円としておきます。そのコピーを提示すればOKです。

 

審査を受けるときに、一時的に入金し、

その後おろしてしまっても、支払日に滞りなく

キチンと払えば、その後の貯蓄額は関係ありません。

後納が承認されると、以下のような通知書が送られてきます。

 

s_%e5%be%8c%e7%b4%8d2

 

これで準備は整いました。

最初は面倒に思うかもしれませんが、

やってみると

意外と簡単にことが運んでいきます。

実際に配送してみる

 

では実際に荷物を出荷しましょう。

出荷の際には集荷の方に、

ビズカードというものを毎回見せます。

このカードは、後納契約が承認されると、

郵送で送られてきます。

 

s_%e5%be%8c%e7%b4%8d3

 

集荷に来てもらった時に

このカードを読み取ってもらうだけでOKです。

あとは荷物に送り状を貼って、出荷は完了です。

この送り状ですが、こちらも契約時に

差出人とあて先がほぼ決まっている場合、

あらかじめ印字した送り状を

たくさん持ってきてくれますので、

手間を省くために、

こちらもお願いしておきましょう。

 

集荷に来てもらうときは

専用連絡先に電話します。

大体連絡してから

2時間後までには集荷に来てくれます。

ちなみに、ゆうパックで送ると最短で

翌日の朝9時に荷物が届きます。

スピード勝負!というような商品もこれで安心です。

「お届け表」という以下のものも契約時に

もらえますので、確認しておきましょう。

 

s_%e5%be%8c%e7%b4%8d4

 

そして月末になれば毎月、

以下のような領収書が届きます。

 

s_%e5%be%8c%e7%b4%8d5

 

毎月、銀行口座からまとめて引き落とされます。

自動的に引き落としされるので、

口座の残高はマメにチェックしておきましょう。

 

以上がゆうパック後納契約を結んで配送費を半分にする方法です。

少し手間がかかりますが一旦契約を結んでしまえば

配送もラクチンです。

ぜひ早めに取り組んでみてくださいね。

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ