こんにちは、宮本です。

今日は

ヤマト便を使って大型荷物を安く送る方法

について

記事を書いていきたいと思います。

大型のプリンターやスキャナーをせどりで

取り扱っている人はぜひこのヤマト便を使って

配送費を削減してみてくださいね。

 

それでは早速行ってみましょう!

 

ヤマト便とは?

 

ヤマト便(ヤマトびん)とは、

ヤマト運輸が扱う宅急便で送れるサイズ
(縦、横、高さの合計が160cm以内かつ25kg以内)を超えた場合、

30万円以上の高額商品で保険を要する場合、

複数口の場合のいずれかで使用される

特別積合せサービスです。

 

 

利用者のメリットとしては

場合によっては長物・重量物などを

安く送ることができるという点です。

 

 

利用者のデメリットとしては

配達時間の指定が出来ない、

配達に日数がかかる場合がある。

などが挙げられます。

 

配送料とは別に保険をかけることもできます。

上限は1原票あたり180kgですが、

一辺1.7mを超えるもの

その他ロールボックスに入らないものは

発送できないみたいですね。

 

では次に、どんな場合ならヤマト便を使った方が

お得に荷物を送れるかを例に挙げてみます。

 

ダンボール箱が2個以上なら「ヤマト便」を使え

 

ヤマト便は

宅急便の計算方法と異なり

輸送箱の寸法と重量に応じて料金が算出されるので、

宅急便で1箱あたりに掛かる送料よりも

数量が多いほど安く送れる計算になります。

 

例えば160サイズのダンボール5箱を

同じ場所に送るとなると

通常5~7,000円は掛かってしまいますが、

ヤマト便だと2~3,000円くらいで

大体収まってしまいます。

 

 

配送場所によって変わってくるので

詳しい料金はこちらをご覧ください

 

ヤマト便の料金表

 

 

複数の箱を送るならヤマト運輸の

「ヤマト便」を使うほうがどの業者よりも絶対安いです。

なので、ヤマト便は絶対に使いましょう!

 

ヤマト便の使い方

 

ヤマト便を利用するには

「持ち込み」か「集荷依頼」どちらかです。

 

どちらもヤマト便用の伝票に

必要事項を記載して

発送をお願いするだけなので

この辺りは宅急便や日本郵便の

ゆうパックと同じですね。

 

 

ただし、集荷依頼は

電話のみでしか受け付けていないので、

0120-01-9625(午前8時から午後9時まで)へ電話して、

「ヤマト便の集荷お願いします」と

受付の方に伝えましょう。

 

 

「箱のサイズは~?」とか

「中身はなんですか~?」とか聞かれますが、

複数あって中身が混在してる場合は

細く真面目に答えなくても大丈夫です。

 

そしてヤマト便の注意点としては

集荷時間の指定ができません。

 

なので依頼後にドライバーから連絡が入までは

しばらく待機しておきましょう。

日中であれば夜までには

集荷に来てもらえるかと思いますが、

夕方以降だと翌日になる可能性が高いので

早めに連絡だけしておいてください。

 

ヤマト便のデメリットは

上記にも書いた通り

配送日が指定できないこと、

宅急便より到着が若干遅いこと

の2点が挙げられます。

 

なので早めに納品したい場合は

あらかじめ日にちを計算して

早めに集荷に来てもらうように

調整して集荷にきてもらうようにしましょう。

 

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!