ライフスタイル

仕事が限界…は働き方を変えるサイン。壊れる前にすべき対処法

仕事が限界,眠れない

「最近、仕事に行くのが辛い….」

あなたは近頃、そんな事を考えていませんか?

それも時折ではなく、毎週、毎日。「仕事が辛い,もう仕事に行くのが限界」と。

僕自身も仕事が好きで、仕事に行く事、働く事は苦にならなかったのですが、ある時から「仕事に行くのが辛い,もう限界」と思い悩むようになりました。

仕事好きなあなたが近頃そのように思い、そして悩むのはひょっとすると働き方を変え、人生を大きく変える為のサインかもしれませんね。

あなたが悩んでいることは一体なのでしょうか。

今回はその悩みの原因を突き止め、そして対処法について解説いたします。

悩み、傷つき、自分が壊れる前に、ぜひ自分自身を守りましょうね。

 

仕事が限界のサイン

今、あなたはこんな事で悩んでいませんか?

・最近眠れない
・ささいな事でイライラする
・食欲が出ない
・職場に行こうとすると動悸が上がる

このような症状が出ているのであれば危険信号です。

あなたの身体が「もうこの仕事が限界」と悲鳴を上げているサインですので。

仕事が限界,眠れない

 

ですのでこの「身体からのサイン」を見逃さず適切な対応をしていきましょう。

次の章ではより具体的に解説していきますね。

仕事が限界…と悩んだきっかけは

仕事好きのあなたが「もう仕事が限界」と思ったのはいつ頃からでしょうか?

残業時間が増えた?部署の異動?上司との関係?

「仕事が限界」と思ったきっかけが必ずあるはずです。

ですので、まずはその”きっかけ”を過去を遡って思い出してみてください。

仕事,限界,きっかけ

物事には全て「原因」と「結果」があります。

〇〇というきっかけがあって、それに対して自分は「仕事が限界だと感じた…」ということですね。

このきっかけをまずは自分自身で理解しておきましょう。

人間は目に見えないもの、得体の知れないものを過剰に怖がる習性があります。

幽霊や宇宙人などがまさにそうですよね。

まずは悩みのきっかけを“自分自身が認識する”という事が大切です。

上司の一言がきっかけ

上司の一言,仕事が限界


僕自身の経験で言うと、「仕事が辛い…もう限界…
と思ったきっかけは上司との面談で言われた、ある一言でした。

当時僕はフリーペーパーの営業マンで、毎月末に営業部長との面談があったんですね。

その月、僕は営業ノルマを全てクリアし、どんな面談になるのかと楽しみにしていたのですが、部長から言われた言葉は僕の予想していたものとは違うものでした。

「来月は覚悟しておけよ」

「今月上手くいったからといっていい気になるなよ」

恐らく上司は戒めの意味を込めて言ってくれたのかもしれませんが、その当時の僕は「会社のために土日も仕事を頑張ったのになんでこんな事を言われなきゃいけないんだ!と怒りを覚えました。

その上司の一言がきっかけとなり、少しずつ上司との距離ができ始め、事あるごとに上司と衝突し、そして仕事が辛いなと思うようになりましたね。

正義は人それぞれ

「仕事が限界」と思ったきっかけが理解できたら次はそのきっかけを元に考察していきましょう。

僕の例で言えば「上司が考える正義」と「僕自身が考える正義」が違うという事です。

人には人それぞれが信じる正義がある。

これは会社だけでなく、僕たちが生きているこの世界を見てもそうですよね。

例えばヴィーガン(完全菜食主義)とホリエモン(和牛大好き)の対立のように。

正義と悪の対立

先ほどの僕の例で言えば、上司は「自分の指示したやり方で営業成果を上げる事こそ正義」と考えていたように思います。

具体的に言うと「飛び込み営業こそ成果が上がる、営業マンは事務所にいてはいけない」と毎日のように言われていました。

上司の叱責

しかし僕は営業数字をクリアするという目標の為には「飛び込み営業だけでは物理的限界があるのでFAX DMなど他の施作も並行して行うべき」と考え行動していました。

「営業マンは飛び込み営業しなければいけないのに、宮本は事務所にいる割合が多すぎる。俺の言う事を全然聞かない。若いくせに生意気なやつだ」

上司の目からは僕はこんな風にうつっていたのかもしれませんね。

このように整理していくと「いつ仕事が限界,辛いと思ったのか」が明確になるかと思います。

この理由を踏まえた上で次の行動に移っていきましょう。

仕事が限界….は働き方を変えるサイン

もう仕事が限界…..

そんな風に悩んでいるのであれば、それはあなた自身の生き方・働き方を変えるサインなのかもしれません。

例えば僕の例で言えば、上司が考える正義と僕が考える正義が違っていました。

ですので働き方を変える、つまり営業のやり方についてもっと上司と話し合ってもよかったように思います。

FAX DM300件送ったら10件のお問い合わせが来て3件の受注があったんです。なので飛び込み営業以外にも営業方法を試させていただけませんか?」

という風に自分のやり方について丁寧に説明すれば上司からの理解も得られ、営業部全体でそのやり方を実践し会社により多くの収益をもたらしたかもしれません。

働き方を変える当時、上司は55歳。僕は24歳。育ってきた環境や時代背景もまるで違います。

ですのでもっと話し合うことができれば上司との関係に悩まなくてよかったのかもしれませんね。

自分が壊れる前にすべき3つの対処法

働き方を変える3つの対処法

あるいは他の働き方や生き方を考えてみるのも良いでしょう。

・上司と上手くやっている他の社員はどんな風に仕事しているのか?

・異動願いや転職の可能性はどうか?

・会社以外から収入を得てみるのはどうか?

などなど違う方法や解決策も見つかるかと思います。

仕事がもう限界」という悩みをネガティブに捉えるのではなく、「変化するためのチャンスだ」とポジティブに捉える事で、新たな人生が開けるかもしませんね。

これについても1つ1つ具体的に解説していきます。

上司と上手くやっている同僚に学ぶ

職場,同僚
「仕事がもう限界」と悩んでいるあなたの周りに「色々ありながらも淡々と仕事をこなしている人」はいませんか?

恐らく職場には必ずいますので、その人がどんな風に上司と関係を築いているのか、ということを一度探ってみましょう。

あるいは直接聞いてみてもいいですね。

人は悩んでいるとつい視野が狭くなります。

そして視野が狭くなると、あなたの悩みや怒りが一直線に上司に向かってしまいます。

ですので、ぜひ一度落ち着いて周りの同僚がどんな風にしているのかを観察してみてくださいね。

異動願いや転職の可能性を探る

異動
「異動願い」や「転職の可能性を探る」ということも試してみてください。

具体的には人事部に相談する、あるいは転職エージェントに転職先を探してもらう、という事なのですが、これをする事で新たな道が開けることもあります。

実際、部署を異動したり違う職種に就く事でイキイキと仕事ができるようになる人は数多くいます。

プロ野球選手が成績不振によりトレードなどで他の球団に行き、心機一転大活躍したという例も多々ありますし。

ぜひこの環境の変化、というものも試してみてくださいね。

転職

会社以外から収入を得てみる

会社以外から収入を得てみる。つまり自分でビジネスを始めるという事ですね。

インターネットが発達した現代では起業のリスクを極限まで減らしながら自分でビジネスを始めることができます。

そして「自分で収入を得られる」という自信があれば、恐らく以前までのように上司との関係に頭を悩ますこともないのではないでしょうか。

「次何かあったら辞めればいいか」そんな風に思えれば気持ちも楽になり、よりフラットに上司と付き合えるかもしれませんね。
起業

まとめ

仕事に行き詰まる。これは働いていく上で永遠のテーマだと思います。

そしてこの問題は会社員でいる時だけでなく、例え独立起業しても、同じように悩みます。間違いなく。

なので”根本的な問題”を解決していないと、これからの人生でまた同じような問題で悩むことが起きるでしょう。

今の働き方をこのまま続けるときっとあなたの心は壊れてしまいます。

ですので「仕事が辛い…もう辞めてやる」と感情的になるのではなく、ぜひじっくりとこの問題に取り組んでみてください。

きっとこの悩みはあなたの人生をより良くしてくれるためのサインですので。

人生を良くするサイン

それでは本日はこの辺りで。

最後までご覧いただきありがとうございました!

ご不明な点がありましたら下記のLineからご連絡くださいね。

 

 

友だち追加
ABOUT ME
アバター
宮本達裕
【Amazon販売専門家】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し何の収入の当てもないまま25歳で起業。現在はスタッフ2名と共に物販事業、コミュニティ事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。