自分ビジネス  
メルマガ

タイ輸入(タイせどり)とは?やり方は?タイ旅行ついでに稼いだ方法

こんばんは。宮本です。

2月末から3月にかけて1週間のタイ旅行に行ってきたのですがそのうち2日間はタイ輸入の仕入れに行ってきました。

タイの観光地を巡りながら、旅行ついでに商品を仕入れて収益が上がり、その場で旅費代を回収できたので今回はその様子を解説したいと思います。ぜひ最後までご覧くださいね。

タイ輸入(タイせどり)とは

それではまずはじめに「タイ輸入(タイせどり)」とは何か?という事について解説いたします。

タイ輸入とは文字通り「タイで商品を仕入れ、それを日本のサイトで販売して収益を上げる手法」の事です。せどりは日本のネットショップや中古ショップで商品を仕入れてAmazonで販売するのですが、それをタイという異国で同じ事をやる、というイメージです。
うまく商品を見つけられれば、タイ旅行ついでに旅費代をまるまるその場で回収できるので、旅行好きにはオススメの手法であります。

タイ旅行ついでに稼ぐ

今回は1週間ほどのタイ旅行だったのですが友人であり、輸入ビネスを実践する「クマダさん」にご案内して頂き仕入れの「独自ルート」を教えていただき2点ほど商品を仕入れをしてきました。

安く仕入れて高く売るという基本は中古せどりと一緒であり、「せどりの店舗仕入れ」と同じ感じなので感覚さえ掴めばガンガン収益が上がりそうですね。

クマダさんは数十点仕入れを行い旅費を楽勝で回収してました(笑)こんな風に旅行を楽しみながらその場で収益を上げられるのが「インターネット物販」の魅力の一つであります。

タイ輸入のやり方

しかしながら、このタイ輸入でも

・どこのお店で
・どんな商品を狙い
・どの媒体で売るか?
(ヤフオクやAmazon)

ということをクマダさんに細かく教えてもらったからこそその日に仕入れができ旅費代を回収できるほど収益が上がったのです。

これが「誰にも聞かずに自力でやろう!」なんて事をしたらめちゃくちゃ遠回りしますからね。

そもそも自力で「タイ輸入」をやろうとすれば多分一生、商品が見つからない気がします。

タイ輸入もモデリング

どんなビジネスでも同じで最短で結果を出したいなら「すでに成功している人に教えてもらう」という事が一番の近道です。

この前も女性の読者さんとお電話で1時間ぐらい話し「人生の時間を無駄にしたくないため宮本さんに教えてもらおうと思い連絡しました」と言っていましたが、とても懸命な判断だと思います。

だって自力でせどりを実践して、何回も失敗して1年後にようやく3万円のお金を手にするより、すでに成功している人に聞いて、1ヶ月目に10万円、半年後に月30万円から50万円のお金を手にした方が
よっぽど良いと思いませんか?

人生において最も大切な「時間」は2度と戻ってこないですからね。

僕自身もそれを理解するからこそ、何かビジネスを始めようとするときは必ずその分野の成功者(メンター)に教えを請います。

僕のコンサル生で成果を出している人も同じで、僕のせどりのやり方を全て教えているので最短で結果を出しています。

コンサル生の実績とお喜びの声

まとめ

あなたがもし何かビジネスを始めようとしているならまずは成功者に教えを請い、そして最短で結果を出して、人生を楽しんでほしいです。

人生において最も大切な時間。

その時間を無駄にしないためにも自力で遠回りするということはやめて必ず成功者に学ぶようにしましょう。

そしてもしそれが「中古せどりで最短で結果を出したい」ということであれば、僕にもお手伝いできる事があると思いますのでぜひご連絡くださいね。

一緒に人生をより豊かにより素敵にしていきましょう!

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました。

PS.
副業に輸入orせどりどっちちが最適?というテーマでクマダさんと対談動画を撮りましたので合わせてご覧いただけると嬉しく思います。

冒頭のお店はクマダさんオススメのレストランです。バンコクにある「キャベジズ アンド コンドームズ」というお店ですが、どの料理もとても美味しかったのでバンコクにお越しの際はぜひ訪れてみてくださいね。

と言う事で本日はこの辺りで。最後までお読み頂きありがとうございました!

ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

友だち追加
ABOUT ME
アバター
宮本達裕
【自分ビジネスコンサルタント】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し25歳で独立。現在はスタッフ3名と共に物販事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。
自分ビジネス