自分ビジネス  
テクニック

せどりで稼げないたった1つの理由!初心者が必ず陥る落とし穴とは?

せどり,本せどり

「せどりを実践したけど全然稼げない…」

「今はライバルが多くてせどりで稼ぐなんて難しいのかも…」

この記事を読んでいるあなたはこんな事を思っているのかもしれませんね。

なぜなら僕自身も最初は独学でせどりを実践し全く稼げない時期があったから….

せどりって安く仕入れて高く売るだけでしょ?簡単。簡単。

そんな風に甘く考えていた僕ですがいざせどりを実践すると、全くと言っていいほど成果が上がりませんでした。

やっぱりせどりはライバルも多いし稼げないのか……

そんな事を考え、諦めようかとも思ったのですが「あるたった1つの事」に気をつけ、そしてせどりを実践すると、すぐに成果が出るようになりました。

せどり実践2ヶ月目には31万円の現金を手にする事ができましたしね。

今回は「せどりで稼げないたった1つの理由」を僕が独学でせどりをして陥った落とし穴を元に解説しますのでぜひ最後までご覧くださいね。

せどりで稼げないたった1つの理由

せどりというのは「仕入れて売るだけ」というビジネスモデルのシンプルさから、人気のある副業の1つです。

なのですが「せどりをやっているものの全然稼げない」というお悩みをいただく事がよくあります。

何を隠そう、最初の僕がそうでしたからね(笑)

安く仕入れて高く売るだけでしょ?でも、こんな単純な仕組みなのになんで稼げないんだろう….

頭を抱える

そんな風に悩み、独学でせどりをして失敗する、など紆余曲折を経て現在に至りました。

僕が考えるせどりで稼げないたった1つの理由はこれです。

需要のある利益商品を見つけられていない

需要のある利益商品を見つける事ができていない。

色んな要因があると思いますが、せどりで稼げない理由は突き詰めて言うとこれに尽きます。

逆に言えば需要のある利益商品を見つける事さえできればせどりで稼ぐ事は容易なんですよね。

とは言え…..

「需要のある」そして「利益商品」とはいったい何でしょうか?

それでは次に「需要のある」「利益商品」を1つ1つ分解して解説しますね。

需要のある商品


需要のある商品。簡潔に言うと「お客様が欲しい商品」という事ですね。

初心者にありがちなのが「自分の好きなものを仕入れちゃおう!」というもの。

しかしながらその製品が「市場で売れているか?」という事をまずは調べないといけません。

いくら自分が好きなものでも、それを欲しいという人がほとんどいなければ、ビジネスとして成り立ちませんよね。

欲しい,子供

こんな風に「このおもちゃが欲しい」というような需要のある商品であれば、どんどん売れていきますよね。

と言う事でまずは仕入れる前に「その商品を欲しいというお客様がどれくらいいるのか?」という事をリサーチしてから商品を仕入れる必要があります。

利益のある商品

次に利益のある商品について解説します。


例えば月10万円の利益を上げたければ月に10万円の利益商品を仕入れないといけませんよね。
さらに10万円分きっちり仕入れてもその月に全部売れるとは限らないので、もう少し多めに仕入れをしなくてはいけない。

この10万円分の利益商品をどのような配分で仕入れるのか?

仮に1個100円の利益しか出ない商品であれば1ヶ月に1,000個商品を仕入れなければいけません。

ただでさえ忙しい現代。本業の合間をぬって「毎月1000個の商品を仕入れる」というのはちょっと現実的ではないですよね。

例えばこれが1個の利益が1,000円であれば?

あるいは1個2,000円、5,000円、10,000円の利益商品であれば?

少ない労働時間で仕入れが可能ですよね。

1個仕入れて販売するのに手間やかける時間は同じですから。

時給と言う事で、商品を仕入れる際は「利益単価の高い商品」を意識して仕入れるようにしましょう。

せどり初心者が陥る落とし穴

とは言え、この事は初心者が必ず陥る事ですし、僕自身もどっぷりとハマった落とし穴だったんですね。

せどりを始めようと思った時僕はどこに仕入れに行けばいいんだろうと考え、真っ先に閃いたのがブックオフです。

閃く

せどり=古本の転売というイメージが僕の中ではとても強かったんですよね。

ですのでまず僕は最初にしたことは「家の近くにあるブックオフをしらみつぶしに回る」という事でした。

あなたも「これからせどりをやろう!」と思ったらまずはブックオフに向かうのではないでしょうか。

ブックオフ

しかしながら…..

古本の1個辺りの利益単価をご存知ですか?

あるいは古本がひと月にどれぐらいの頻度で売れるかご存知ですか?

ブックオフで古本をリサーチしても先ほど例に上げた「需要のある利益商品」を見つける事が難しいんです。

実はこれ、初心者が陥りがちな落とし穴なんですよね。

せどり=古本の転売=ブックオフで簡単に本が見つかる

みたいに単純な思考で、独学でせどりをやりがちなのですが、それで稼げるほどせどりは甘くありませんし、ビジネスは甘くありません。

本せどりは稼げない

ブックオフで古本を仕入れても稼げない。

いえ、正確に言えば労働時間を費やせば稼ぐことは可能です。

ですが古本というのは利益単価が極端に低いんですよね。

100円で買って1000円で売れても手数料引いたら200円ぐらいしか手元に残りません。

それでもまだ良い方で古本1冊の利益は50円や100円というのはザラです。

例えば月10万円稼ごうと思ったら単純計算してもひと月に500冊仕入れて販売しなければいけませんよね。

忙しい日常の合間で毎日ブックオフに通い、リサーチを行い、そしてその中から500冊の本を仕入れる。

これがどれだけ大変な事か、この記事を読んでいるあなたならご理解いただけるかと思います。

忙しい

野球雑誌が大量在庫

とは言え、僕自身も最初はこのことに全く気付かず、ブックオフに毎日通い、200円の利益の本をひたすら探していました。

高校まで野球をしていた僕は,野球雑誌を中心に仕入れを行いましたが、やはり利益は薄く、しかも売れるかどうかきちんと調べずに仕入れたため、結果的にその当時仕入れた本は在庫の山となってしまいましたね。

雑誌

今思うと「なんでそんな単純な事に気づかなかったんだ!」と思うのですが、当時は目の前の事に必死でしたし、「ビジネスとして考える」という意識も低かったんだと思いますね。

せどりで稼ぐ為のたった1つの方法

ではせどりで稼ぐためにはどうすれば良いでしょう。

ここまで読む進めていただいたあなたならもうおわかりですよね。

僕が行ってきた失敗の逆をすれば良いわけです。

・需要のある利益単価の高い商品を仕入れて売る

このたった1つの事をしっかり守ってせどりを実践すればすぐにせどりで稼ぐことができます。

実際、僕もこのたった1つの事を守ってせどりを実践すると、初月で月収5万円、2ヶ月目に月収31万円になりました。

また僕だけでなく、せどりのコンサル生も、この2つを守ってせどりを実践し、せどり開始数ヶ月で成果を出しています→せどりコンサル生の実績と感想

成功

需要のある利益の高い商品

では需要のある利益の高い商品とはどのようなものでしょうか。

いくつか例を上げますのでぜひ参考にしてみてください。

せどりの利益

上記に挙げたような家電製品やゲーム機は1個辺りの利益が3,500円から5,000円ほど取れます。

先ほどの古本であれば月に10万円の利益を上げるのに500個もの商品を仕入れなければいけませんが、このような家電製品であれば20個〜28個仕入れて販売すれば可能な訳です。

時間の無い現代。ましてやあなたには本業もあるでしょうし、プライベートな時間も充実させたいでしょう。

ぜひこのような家電製品を効率的に仕入れて販売し、せどりで収益を上げていきましょうね。

なお、さらに詳しい商品リストなどはこちらのメルマガ登録者限定で公開しています。

期間限定にしておりますので、より最短で成功したいとお思いであればぜひこちらも無料でお受け取りくださいね。

自分ビジネス

まとめ


簡単に始められる=簡単に稼げるわけではない。


せどりを始めた当初の僕は、せどりが簡単に始められることから「せどりを舐めていた」のだと思います。


せどりと言えど、立派なビジネス。初心者が舐めた態度で実践しても稼げる訳はありませんよね。


あなたには僕と同じような道を辿ってほしくありません。


だからこそ、最短で成果が出るように、僕の過去の失敗談も交えながらお話しました。

企業の業績が下がり続け、ますます自分で稼ぐスキルが必要とされる昨今。


この記事を読んで、あなたがせどりで大成功されることを心から願っております。

未来

それでは本日はこの辺りで。最後までご覧いただきありがとうございました。

ご不明な点がありましたら下記のLine@からご連絡くださいね。

友だち追加

ABOUT ME
アバター
宮本達裕
【自分ビジネスコンサルタント】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し25歳で独立。現在はスタッフ3名と共に物販事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。
自分ビジネス