テクニック

せどりに最適な配送業者!僕が実際に使っている会社を紹介

せどりの配送業者

こんにちは、宮本です。

今日は「せどりに最適な配送業者」について記事を書いていきたいと思います。

せどりを実践する上で配送業者の選定は重要です。どこを選ぶかというだけで年間数万円~数十万円の経費の節約になりますからね。

今回は僕が実際に使っている配送業者もご紹介しますのでぜひ最後までご覧くださいね。

それでは早速、内容に入っていきましょう!

せどりに最適な配送業者一覧

ではまず初めに「せどりに最適な配送業者」を一覧にしてご紹介します。

・日本郵便
・クロネコヤマト
・佐川急便
・パートナーキャリア
・その他の配送業者

それでは次にそれぞれの配送業者についてより詳しく解説していきますね。

その1.日本郵便

まず初めに「日本郵便」をご紹介します。日本郵便で使える配送サービスは定形外郵便、ゆうメール、ゆうパケット、レターパック、ゆうパックなどが挙げられます。

日本郵便を使う一番のメリットは丁寧で安全という点ですね。

他社に比べて破損などの率は一番低いと個人的に思います。ただ正規の料金で使うと割高になるので、特約を結んでから使いましょう。

特約契約の契約の仕方はこちらの記事で詳しく解説していますのでぜひ参考にしてくださいね。

ゆうパック後納契約(大口契約)で僕が配送料を半分にした方法 こんにちは、宮本です。 今日はゆうパック後納契約(大口契約)で僕が配送料を半分にした方法について解説します。 せどりを実践してい...

その2.クロネコヤマト

次にご紹介するのは「クロネコヤマト」です。クロネコヤマトで使えるサービスとしてはネコポス、宅急便、ヤマト便などが挙げられます。

クロネコヤマトで特筆すべきは複数個口で送る際に使える「ヤマト便」です。

このヤマト便は普通の宅急便とは別な配送方法で、同じ個所に沢山送るほど安くなります。僕自身は大型の荷物を複数個(5個以上)送る場合いつもこのヤマト便を使っています。

なおヤマト便の詳しい使い方についてはこちらで解説していますので合わせてお読みくださいね。

ヤマト便
ヤマト便の使い方!僕がヤマト便で配送費を半額にした方法 こんにちは、宮本です。 今日は「ヤマト便の使い方!僕がヤマト便で配送費を半額にした方法」について解説します。 あなたがせどりを実...

その3.佐川急便

次にご紹介するのは「佐川急便」です。佐川急便の特徴として「飛脚ラージサイズ宅配便」という超大型を送るサービスがあります。

170サイズ以上の荷物を単発で送らなければいけない時など重宝します。

また佐川急便は特約を結んだ場合、料金が他のどこよりも安くなります(地域によって異なる)。

とにかく安く送りたいという方はこの佐川急便を使っていきましょう

その4.FBAパートナーキャリア

次にご紹介するのが「FBAパートナーキャリアサービス」です。これはAmazonで出品している人なら誰もが使える配送サービスですね。

他の業者さんと契約や安くしてもらえない場合、こちらを使うのも有効です。特に副業で配送する個数が数少ない場合はぜひ検討してみてください。

因みにこちらはAmazonと日本郵政が提携しています。集荷・配送関係は日本郵便がやってくれますので集荷の際はお近くの郵便局に配送を依頼しましょう。

なお、FBAパートナーキャリアで送る方法についてはこちらでも詳しく解説していますので合わせてご覧くださいね。

FBA(フルフィルメント)に商品を登録してAmazon倉庫に送る方法 こんにちは、宮本です。 今日はFBA(フルフィルメント)に商品を登録してAmazon倉庫に送る方法 記事を書いていきたいと思いま...

その他の配送業者

その他の配送業者についてもご紹介しますね。上記以外の配送業者としては西濃運輸や福山通運などが挙げられます。

ただし僕自身はAmazonの配送に使った事が無いので詳しい料金に関してはわかりません。あなたのお近くにこれらの業者があればぜひ一度、配送料金を聞いてみてくださいね。

せどりでに最適な配送業者のまとめ

以上が「せどりに最適な配送業者」についての解説です。ぜひ今日の記事を参考にして配送費を節約して行きましょうね。

今回の記事は以上です。

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

友だち追加

こちらもいかがですか?

僕は国内中古せどりを実践し自由な生き方ができるようになりました。期間限定ですが、僕が作った「国内せどりの教科書」をメール講座に登録された方に無料プレゼントします(無料メールマガジンです)。動画110本、記事110個で構成されている教科書ですのでこの機会にぜひお受け取りくださいね。

はんなり宮本の公式メルマガ