メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

Amazonせどりの価格改定ミスを防ぐ方法

こんにちは、宮本です。

今日はAmazonせどりの価格改定ミスを防ぐ方法について

記事を書いていきたいと思います。

 

Amazonせどりでは管理する商品が増えるほど

商品1個に割く時間が減り、

それに伴って価格改定ミスも増えます。

そんなミスを防ぐために

Amazonには出品した商品の値段が安すぎた場合に

自動で出品停止にできる機能があります。

 

この設定を行うことで年末のバタバタした時期でも

設定ミスを防ぐことができます。

それでは早速行ってみましょう!

 

出品価格下限の設定

 

まずセラーセントラルにログインし

在庫タブから在庫管理をクリックします。

次に在庫管理ページから設定をクリックします。

 

項目の表示と出てくるので

「出品価格の下限」にチェックを入れます。

 

 

下にスクロールし、更新をクリックします。

 

すると

下記画像のように『出品価格の下限』という項目が表示されます。

この出品価格の下限に指定の金額を入力すれば

下限金額を下回る価格で出品すると

プライスターの赤字ストッパーのように

自動で出品停止としてくれます。

これで間違えた価格で出品してしまった場合に

そのままの価格で買われてしまう、

ということを防ぐことができます。

 

出品停止となった商品の確認・出品停止の解除方法

 

もし出品価格を間違えてしまった場合

下記の画像のようにパフォーマンスの通知を確認すると

メッセージが届いています。

 

Amazonからはこんな内容のメールがきます。

 

 

では停止した商品を復活させましょう!

 

在庫管理から停止中をクリックします。

 

 

 

これで出品停止の商品を表示させ

1.出品価格を下限設定より高値に設定する。

 

もしくは

 

2.出品価格の下限を現在の価格より安くする。

 

どちらか設定するだけでオッケーです。

 

あとはこれで保存し、15分ぐらい経過すると

下限設定による停止商品を在庫復活させることができます。

 

以上が価格改定ミスを防ぐ方法と

停止した商品を復活させる方法です。

 

特に1万円以上の高単価の商品ほど

価格改定を間違えた場合などの損失が大きくなりますので、

この出品価格の下限設定を活用して

 

しっかりと損失を防いでいきましょう。

 

ちなみに私はこの機能を知らずに

2年前の年末、7980円のDVDを10枚

798円で設定してしまったまま寝てしまい、

翌朝すべて刈り取られた画面を見て、

朝からやけ酒をしたという苦い記憶があります(笑)

 

 

あなたはこのようなことがないよう、

しっかり下限設定を行ってくださいね。

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ