テクニック

せどりの出品で僕が写真にこだわって利益をプラスした方法

せどり,写真

こんにちは、宮本です。

今日はせどりの出品で僕が写真にこだわって利益をプラスした方法について記事を書いていきたいと思います。

せどりを実践する上において、この写真撮影は極めて重要です。

ここをしっかりやればライバルよりも1000円~4000円ぐらい高値で販売しても売れて行くので価格競争に陥らなくてすみます。

今回はその具体的な方法を解説しますので、ぜひ最後までご覧くださいね。それでは早速、内容に入っていきましょう!

せどりの出品で写真を載せる方法

ではまず、写真を載せる方法について解説いたします。

まずはAmazonのセラーセントラルから商品登録をクリックします。今回はデジタルカメラを例にあげますね。

商品の詳細を入力する画面を下にスクロールすると出品者SKUのメイン画像URL、出品者SKU画像、という項目があります。

ここに商品の画像をアップしていきます。最大6枚までアップすることができますね。このように多くの商品画像を載せることでライバルとの差別化が図れます。

写真を載せるのは手間

この写真を載せるという方法。多くの人はやりたがりません。

特に中古の場合は普通に商品を出品するだけでも検品に手間が掛かります。それなのに写真を撮って出品するなんて面倒くさいと思うのです。

ですので商品画像を載せる出品者はそんなに多くないですので写真を載せることで差別化できます。

つまり、他の出品者が面倒でやらない手間をかける事で競合出品者(ライバル)と差別化する事ができるのです。

他のセラーさんが面倒くさいと言ってやらなければそれだけ画像付き商品が目立ちます。特に評価の少ない初心者は出品時に画像を載せることで評価の多いショップに負けない信頼度を得ることができます。

買う側からしてもそうですよね。写真があった方がより信頼度が増します。この写真を載せることによって競合出品者より自分の商品を目立たせていきましょう。

Blu-rayセットの写真撮影

では実際に掲載するとどんな感じになるか見てみましょう。これは昨年売れて行ったアニメのBlu-rayセットです。

まず、商品説明の文章においては赤字で囲んだようにディスクの状態や特典の有無をしっかり記入します。

写真においては1枚目で全体の写真、2枚目、3枚目の写真でしっかり特典があることを記載します。

アニメ系は特典の有無で値段が大きく変わりますのでしっかりと写真を掲載してライバルよりも高値でも買って頂けるようにしましょう。

デジカメの写真撮影

それでは次にデジカメなどの家電についてご説明します。こちらは先日、売れて行ったデジタルカメラですね。

こちらも赤で囲んだように説明文の所で付属品の有無をしっかり記入し、電源が入ることも記入します。

1枚目の写真で全体の写真を、2枚目、3枚目で傷の具合と実際に電源が入っている画像を載せます。

この「電源が入るかどうか?」という写真はとても重要です。

特に中古家電を買う時、お客様は「本当にこの中古大丈夫かな?」という不安にかられます。ですのでこのような電源が入る写真を載せるだけでライバルよりも高値で売れていくことが可能です。

ぜひ実践していきましょうね。

せどりの出品で僕が写真にこだわって利益をプラスした方法のまとめ

以上が「せどりの出品で僕が写真にこだわって利益をプラスした方法」についての概要です。

写真撮影は正直手間です。1回1回写真を撮ってパソコンに画像を取り込みそこからAmazonにアップさせるという時間のめっちゃかかる作業ですが…

その分、1000円〜5000円利益になって自分に返ってきます。

ぜひあなたも写真撮影にこだわってライバルよりも高値で売っていきましょうね。

今回の記事は以上です。

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

友だち追加

こちらもいかがですか?

宮本の公式メルマガ



宮本の公式メルマガ