自分ビジネス  
マインド

サービス残業が当たり前の職場で僕が残業をゼロにした3つの方法

残業,ゼロ

こんにちは、宮本です。

今日は「僕が残業をゼロにした3つの方法」について記事を書いていきたいと思います。

サービス残業が当たり前の職場

僕は大学を卒業してから4年ぐらいサラリーマン生活をしていました。

広告会社の営業マンだったのですが、職場はサービス残業が当たり前のような職場でした。

しかしながら僕は若いながらも周りは残業残業とやっている中、ほとんど残業をしないようにしていました。

今日はその方法をいくつかご紹介したいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

電話を使わない

私は営業マンの時、

お客様との連絡はほとんどがメールでした。

広告営業だったので、

アポの日程や原稿の打ち合わせ、

締め切り日の連絡など、

他の営業マンは全てお客様の所に

出向いていたのですが、

私の場合は全てメールでした。

なぜかと言うと、

電話というツールは

めちゃくちゃ自分の時間が取られるからです。

自分のペースで業務をやっていても

電話が来ると

それを中断しなければいけません。

そしていったん途切れた集中力は

なかなか元に戻りません。

ホリエモンこと堀江貴文さんも

「電話で連絡する人とは基本仕事しない」

と言っておられます。

インターネット大手企業も

近年、問い合わせは

メールが主体になっています。

あ、もちろんテレアポとかは別ですよ。

新規顧客開拓時などに

電話が必要という事はありますので。

あくまで日常業務の中で

なるべく電話を使わないようにしよう、

という趣旨です。

という事で電話をできるだけ使わず、

自分の業務を効率化していきましょう!

営業で訪問しない

私は営業のクロージング時など、

なるべくクライアントの所には出向かず、

こちらの事務所に来てもらっていました。

もしくはメールや電話で済ますなどしていました。

なぜかと言うと移動時間を削減するためです。

営業で成果を上げるためには

なるべく多くの顧客に接触しなければいけません。

そして売り上げを安定させるためにも、

顧客数というのはある程度必要です。

ただその多くの顧客に毎回訪問していると、

とても時間が足りません。

移動時間もかさんでしまいます。

営業成績を落とさず、業務を効率化するには

どうしてもこの移動時間を

節約しなければいけません。

という事で、

移動時間をなるべき削減するため、

訪問は限りなく少ないしていきましょう!

自分ひとりで全部しない

業務は全て自分でやる必要はありません。

どんどん人に任せましょう!

例えば新規顧客開拓のための

FAX DMや営業メール。

こういうのはひな形だけ作って

事務の方に流していってもらいましょう。

あるいは新規顧客のリストアップ。

例えば私の場合は

競合媒体や大手新聞社に

一面に広告を出している企業を

リストアップしていました。

こういうリストアップも

ポイントだけ伝えて事務員の方に

リストアップしておいてもらいましょう。

そうすれば自分はそのリストを元に

営業していくだけになります。

場合によっては初回のアポも

取ってもらってると効果的ですね。

このように自分がやる事を

可能な限り少なくして

業務を効率化していきましょう!

まとめ

以上のような3つの点に気を付ければ

業務を効率化でき、

残業は限りなくゼロにできると思います。

ぜひ取り入れてみてください。

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

ABOUT ME
宮本達裕
宮本達裕
【自分ビジネスコンサルタント】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し何の収入の当てもないまま25歳で会社を辞める。現在はスタッフ3名と共に物販事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。
自分ビジネス