マインド

やらない事を増やし続けた結果、僕のビジネスに起きた出来事

やりたくない事

こんにちは、宮本です。

今日は「やらない事を増やし続けた結果、僕に起きた不思議な出来事」について記事を書いていきたいと思います。それでは早速行ってみましょう!

やらない事を増やす

成功するためには「やる事リスト」よりも「やらない事リスト」を作る方が重要です。

やることをただひたすらやっていっても、仕事をしていると「今日やる事」という形でメモ書きをしている人も多いと思いますがそれだけに頼ってしまうと成功には近づきません。

なぜかと言うとどんどんやることが増え、自分の中で手いっぱいになってしまうからです。その結果、手いっぱいになった分、全てが中途半端になってしまい、目的を成し遂げられない、もしくは、目的を成し遂げるのが遅くなるという事態に陥ります。

だからこそ、自分の中で何をやらないか、を明確に決めることにより、本当にやるべきことに集中できるようになります。

時間を有効に活用するため

時間はみんなに平等です。どんな偉人でも一日は24時間ですし、1週間は7日間しかありません。

時間を無駄にしないためにも、やらないことを明確化することが非常に大切なんです。

何をやるのかを決めるのは簡単。何をやらないのかを決めるのが大事。
DELL創業者/マイケル・デル

「なにをしないのか決めるのは、なにをするのか決めるのと同じくらい大事だ。会社についてもそうだし、製品についてもそうだ」
アップル創業者スティーブ・ジョブズ

僕のビジネスに起きた出来事

これを物販ビジネスに置き換えるとどうでしょう?

僕の場合はやりたくないリストの中に「店舗せどり」を入れました。

理由は移動時間がかかるからです。

しかも店舗せどりをメインにしていると一日のほとんどがそれに費やされてしまいます。朝から晩まで一日をせどりに費やすのは僕の目指すライフスタイルではありませんでした。

そこで僕はやらない事リストに「店舗せどり」と書き込みました。

ただそうなると店舗せどりをしない分の利益を他でカバーしなければなりません。

しばらく考えて僕は

・電脳せどりの強化
・店舗せどりは人に任せる
・せどり以外のキャッシュポイントの強化

という3点に取り組みました。

やらない事を増やし続けた結果

その結果、今では店舗せどりにはほとんど行かなくなりました。

以前より労働時間はさらに減り、毎日が自由です。

動画で復習

 

まとめ

重要なのは「やりたくない事」を先に打ち出すことです。

「やりたくない事」を明確にし、そしてそれを自分の中で消し、自分の中に余白を作り、それから新たに自分のやりたい事を打ち出してください。

このリストを作って実践すればあなたの生活はより自由になっていきますよ。

それでは今回の記事は以上です。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ABOUT ME
宮本達裕
宮本達裕
Amazon販売専門家。在宅オンライビジネス専門家。元トップ営業マン。勢いで起業→収入ゼロから2ヶ月で月収31万円→Amazon自動収益化&ビジネスコミュニティ主宰。詳しい経歴はプロフィールからご覧くださいね。