テクニック

配送,在庫管理などを代行するFBA(フルフィルメント)を解説

FBA

こんにちは、宮本です。

今回はAmazonが提供するFBAというシステムについて解説していきます。

Amazonせどりにおいて、よく出てくる「FBA」という単語。このFBAをしっかりと有効活用することによって、効率的かつ楽に売上を拡大していくことが出来ますので、ぜひ最後までご覧くださいね。

それでは早速、内容に入っていきましょう!

配送,在庫管理などを代行するFBA(フルフィルメント)とは

FBAとは正式名称を「フルフィルメント by Amazon」といい、その頭文字をとってFBAと呼ばれています。

FBAとはザックリ言うとAmazonが提供する販売業務効率化サービスです。

では一体どのような業務を効率化できるのでしょうか?それについて次の章で解説いたします。

通常のAmazon販売の流れ

通常、Amazonで商品を販売する流れとして

1.店頭or電脳で商品を仕入れる
2.商品をAmazonに出品登録する
3.商品が売れるまで在庫を自宅に保管
4.注文が入れば商品を梱包する
5.商品を発送する

という流れになります。商品を仕入れてから売れるまで、自分の自宅などで商品を保管して、商品が売れたら自分で商品を梱包し、発送をする必要があるわけですね。

これって文字でサラッと書いてますが結構大変な作業であります。

しかも在庫数が増えれば増えるほど、商品を保管しておくスペースがなくなってきて、家の中が大変なことになったりします。

しかもしかも、そんな大量の在庫の中から、売れた商品を探し出し、さらに梱包して、それを発送までしなければいけません。

在庫数がそんなに多くない最初のうちは、それでもなんとかなるかもしれませんが在庫数が200個、300個と増えるにつれて、とてもじゃないけど対応できません。

それこそ寝る間を惜しんで作業しなければなりませんよね…

そんなときの強い味方がFBAというシステムです。

FBA(フルフィルメント)の詳細

FBAというシステムは、Amazonが出品者に代わって注文を受け、商品を出荷するというシステムです。

出品者は商品をAmazonフルフィルメントセンターの倉庫に商品を納品し、納品された商品をAmazon 配送センターにて保管し、カスタマーからの注文に応じて出荷します。

返品を含む受注後のカスタマーサービスはAmazon.co.jpが提供してくれます。

またFBAの注文商品はすべて、「国内通常配送無料(条件あり) 」ギフトサービスが適用されるなど、Amazon.co.jpへの注文と同様に扱われます。

つまり在庫スペースに悩まされることもなく、在庫管理、商品が売れた後の梱包、発送までも全く自分でやる必要がなく全部丸投げできるのです。

これは画期的な素晴らしい仕組みですよね。

FBA(フルフィルメント)を利用すると

FBAを利用することで、販売の流れが下記のように変わります。

1.店頭or電脳で商品を仕入れる
2.商品をAmazonに出品登録する
3.登録した商品をアマゾンに送る
4.売れたらAmazonが送ってくれる
(メールで通知が来る)

自分で行う必要があるのは出品した商品をAmazon倉庫に送るだけなので、それ以外の商品の在庫管理、売れた後の梱包、発送は全てAmazonが行ってくれます。

ですので、商品をAmazonに送ってしまえばあとはほったらかしでOKという感じで大丈夫なんです。

つまりFBAを使用することによって、圧倒的に自分の業務を効率化することができるという素晴らしいメリットがあるわけです。

FBA(フルフィルメント)についてのまとめ

以上がFBA(フルフィルメント)という全てを丸投げできる機能です。

これがヤフオクだったらどうでしょう?あるいはメルカリだったらどうでしょう?

在庫の山が家に溢れかえって注文が入るたびに自分で梱包、入金の確認、発送をしなければいけません。

それがFBA(フルフィルメント)を使えばそういう面倒な作業を全てAmazonがやってくれるのです。

これは使わない手はないですよね。

ぜひぜひこのFBA(フルフィルメント)を有効活用してAmazonせどりを効率化していきましょう。

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

友だち追加

こちらもいかがですか?

僕は国内中古せどりを実践し自由な生き方ができるようになりました。

期間限定ですが、僕が作った「国内せどりの教科書」をメール講座に登録された方に無料プレゼントします(無料メールマガジンです)。動画110本、記事110個で構成されている教科書ですのでこの機会にぜひお受け取りくださいね。

はんなり宮本の公式メルマガ



宮本の公式メルマガ