マインド

天才ピカソが残した生涯残した作品数とは?天才の真実と作り方

天才ピカソ, 生涯残した作品数

こんにちは、宮本です。

今日は「天才ピカソが残した生涯残した作品数とは?天才の真実と作り方」ということについて解説したいと思います。

芸術の世界で天才と呼ばれるパブロ・ピカソ。その天才の真実とどのようにその天才が作られたのか?今日はその辺に迫っていきます。

ぜひ最後までご覧くださいね。

天才ピカソが残した生涯残した作品数

数多くの名作を世に送り出し「天才」と呼ばれているピカソ。

そんなピカソですが彼が残した生涯の作品数、いったいいくつかあなたは知っていますか?

ちょっと推理してみてください。ちなみにピカソは91歳まで生きました。

1000点…?5000点….?10000点…..?





正解は…

なんと14万7800点!

11歳から作品を作り始めたとしても、、、

1日あたりなんと5作品は作っている計算になります!

1日5作品ですよ!

それを亡くなるなる91歳まで毎日こなしていたという…1日も休まずに…

天才ピカソというと、才能や閃きがあってパッと作品を作り上げるイメージがありますが実は、とてつもなく量をこなしていたんですね、、、

天才ピカソの真実とその作り方

芸術の世界で天才と呼ばれるピカソ。しかしながらそんな彼でも圧倒的な行動量をこなし、大量のアウトプットで作品を生み出しそしてその中から数々の名作が生まれたわけです。

14万7800点の作品を作りそれでも世に広まった作品はほんの数点……

しかしながら、それによって後世に残る作品を一つでも世に出すことができれば、その行動は十分すぎるほど元を取れていると言えるでしょうね。

これは芸術の世界だけでなく、僕らがやっているビジネス、Amazonせどりでも同じですね。

芸術もビジネスも本質は同じ

僕自身の例に置き換えると、せどりをやり始めた頃、一日何十個、何百個リサーチしてその中でたった2,3個しか利益の出る商品が見つからなかった…。という事がしばらくの間続きました。

しかしながら、このピカソの話を聞いて「その2.3個の商品が何万円、何十万円という利益を生み出してくれるかも」と思い直すようになりましたね。

実際、その中で見つけた商品はリピート販売でき、後々何十万円という利益を生み出してくれましたから。

天才落合博満

1980年代・1990年代に活躍した落合博満というプロ野球選手がいます。

落合選手は25歳というプロ野球選手の中では比較的遅くプロの世界に入りました。それにも関わらずプロ3年目で首位打者を獲得し、翌年には28歳という戦後最年少の若さで3冠王を獲得します。

通算3度の三冠王を獲得し、数々の打撃タイトルを獲得しプロ野球選手の間でも「天才」と呼ばれ、多くの選手に慕われていました。

そんな落合選手が引退後のインタビューで語った言葉があります。

天才落合の真実

「なんだかんだ言ってもこの世界。一番バットを振ったやつがトップに立つよ」

落合選手は天才と呼ばれていましたが、実は誰よりも練習(行動)をしていたんですね。そんな彼を慕ってイチロー選手や松井秀喜選手といった名選手が生まれました。

芸術の世界でもビジネスの世界でもスポーツの世界でも、成果を出すのは実はシンプルな事だったんですよね。

天才ピカソが生涯残した作品数を動画で復習

なお、今回の内容を動画にまとめました。

5分程度の動画ですので、ぜひ復習も兼ねてご覧くださいね。

天才ピカソのまとめ

以上が「ピカソが生涯残した作品数を知って驚愕し、日々の生活が変わった話」についての説明です。

おさらいになりますが、大量行動が結果を生むというのはこれは芸術の世界でもスポーツの世界でもはたまたビジネスの世界でも同じです。

今日の記事が少しでもあなたの人生のお役に立てれば幸いです。

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ABOUT ME
宮本達裕
宮本達裕
【Amazon販売専門家】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し何の収入の当てもないまま25歳で起業。現在はスタッフ2名と共に物販事業、コミュニティ事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。