マインド

脳とrasの使い方!目標を紙に書くと現実になる理由を解説します

 

こんにちは、宮本です。今回は脳とrasの使い方!目標を紙に書くと現実になる理由について解説いたします。この脳とrasの使い方を理解すればあなたの夢はより早く確実に実現していきますのでぜひ今日の記事は覚えておいてくださいね。それでは内容に入っていきましょう!

脳とrasの使い方

 

ではまず「ras」とは何か?と言うことについて解説いたします。RASとは脳の真ん中の視床下部の上にある脳梁 脳幹にある細胞の事です。そしてこのrasは見えるものに関するフィルター機能を兼ね備えています。

そして書くという行為はその脳幹の網様体賦活系(RAS)にある多くの細胞を刺激してくれて、それに関する情報を無意識のうちに集めてくるようになるのです。

目標を紙に書くとそれが現実になる理由

 

なぜ目標を紙に書くとそれが現実になるのでしょうか?その理由は上記に書いた「ras」が目標達成に対する情報を次々と集めてくれるからです。

 

また、プライミング効果というものも影響あるかもしれません。プライミング効果とは、例えば日常的には、混雑している街の中で、不意に知らない人物の顔が目に飛び込んで来た場合、実はその人物は毎日の通勤電車の中で知らず知らずのうちに見かけていた、というように脳の奥底の記憶を掘り起こす機能の事を言います。

 

 

このように脳の「ras」という機能が働くと結果的に脳の様々な他の機能を呼び起こし、結果的に目標が現実になるというわけです。そしてそれを最短距離で達成するには「手書きで紙に目標を書く」という行為が最も簡単で適した行動なのです。

 

目標を書くときは必ず手書きで紙に

 

もう一つのポイントは「手書き」という点です。手というのは実は身体のどの器官よりも、細かい神経細胞が散りばめられています(諸説あり)。

 

なので手で実際に触ったりすると、その情報が脳にダイレクトに向かいます。スポーツ選手の例で言うと、イチロー選手が有名ですよね。「イチローさんは人のバットやグローブは絶対手にしませんよ。手に他の人の感覚が残っちゃうと打てなくなるって言ってましたね」(元チームメイトの城島選手の証言)

 

実際

目標を設定するだけの人と比べて、目標を紙に書き、誰かに伝え、説明をし続けた人は、達成の可能性が33%高い

という調査結果も出ているみたいです。

 

脳とrasの使い方!目標を紙に書くと現実になる理由のまとめ

以上が「脳とrasの使い方!目標を紙に書くと現実になる理由」についての概要です。
ぜひあなたも叶えたい夢や目標を「手書きで紙に」書いてみてくださいね。それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!ご不明な点がありましたらぜひ下記のLine@からお気軽にご連絡くださいね。

 

友だち追加

こちらもいかがですか?

 

僕は国内中古せどりを実践し自由な生き方ができるようになりました。期間限定ですが、僕が作った「国内せどりの教科書」をメール講座に登録された方に無料プレゼントします(無料メールマガジンです)。動画110本、記事110個で構成されている教科書ですのでこの機会にぜひお受け取りくださいね。

 

はんなり宮本の公式メルマガ