こんにちは、宮本です。

今日はせどりを外注化する方法

について記事を書いていきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう!

 

外注化に向いている作業とは?

 

一番初めに外注化して頂きたい作業は、

誰がしても同じ仕事です

商品の梱包や発送作業は

自分でなければできない作業ではありません。

労力がかかる割に利益を産まない作業ですので

真っ先に外注化すべき仕事と言えます。

 

その次に外注化しやすいのは

「リサーチ」「仕入れ」です。

ヤフオクでのリサーチや自動入札の設定、

メルカリでの商品の仕入れなども

マニュアルなどがあれば

それを振って外注できます。

 

あるいは「店舗仕入れ」も

仕入れやすい店舗だけを教えて、

何回か同行仕入れすれば、

これも外注化することが可能です。

ただ「仕入れ」の部分は利益に直結し、

ノウハウを抜かれて逃げられる、

という事も十分考えられるので

そのあたりのリスク管理は重要です。

 

外注化するタイミング

 

外注化するタイミングですが、

 

ひと月の利益が15万円を超えたあたりぐらいから

 

考え始めてもいいと思います。

仕入れる物量にもよりますが、

最初は自社で人を雇って梱包など教えてみる

→物量が増えてくれば代行業者に梱包や発送はお任せする。

→リサーチや仕入れを人を雇って教える。

みたいな流れが一番無難かと思います。

 

外注化のメリット デメリット

では外注化することの

メリットとデメリットを挙げてみたいと思います。

 

メリット

・自分は利益に直結する仕事に没頭できる
・仕組化できればほぼ自動化になる
・自分が病気やけがで動けなくても大丈夫

 

デメリット

・費用がかかる
・マニュアルをつくる手間がいる
・教育の手間がかかる

 

メリット・デメリット両方ありますが、

私の場合、外注して良かったな~と感じました。

特に仕入れの部分は大きいです。

 

私が風邪で寝込んでいても、

旅行で京都にいなくて、

指示さえ出していれば

問題なく商品が勝手に入ってきます。

 

梱包や発送業務は言わずもがなですよね。

このように自分以外でもできる仕事は

ドンドン人に振っていきましょう!

 

くれぐれも

 

「俺しかできない仕事をしているんだ!」

 

という職人意識には陥らないようにしてください。

この意識でいると

一向に肉体労働から抜け出せず

いつまで経っても楽になりませんので。

 

どれを使う?

 

梱包や発送業務の人を募集するなら

・indeed→http://jp.indeed.com/

・クラウドワークス→https://crowdworks.jp/

・@soho→http://www.atsoho.com/

この3社が適任かと思います。

この3つは主に家で作業する「内職さん」や

フリーランスで仕事をされる方が

よく見ているサイトです。

無料で求人も出せますので

これから募集を始められる方にはおすすめです。

 

業者さんにお願いするなら

・福富サポート→http://fukutomi-support.com/

がイイかと思います。

よくAmazonせどりをしている人が

 

「発送代行もやりますよ!」と謡っていますが、

 

そういう所は注意が必要かもしれません。

商品の情報とか仕入れ先の情報を

抜かれる可能性があります。

もちろんそういう所ばかりではありませんが、

 

Amazonせどりをしていて

さらに発送代行をしているという事は

そういう可能性もあるという事です。

 

上記の福富サポートさんは

本社が運送屋さんなのでそういう心配は無いと思います。

ただ業者さんにお願いする場合、

ある程度の物量を安定して仕入れないと

割高になります。

最初のうちはアルバイトさんで十分かと思いますよ。

 

 

外注化はハードルが高く思われるかもしれません。

が!一回やってしまうと

「何で早くやらなかったんだ!」

と後悔すると思います(笑)。

それぐらい楽ちんになり、自分の時間も作れます。

ぜひこの外注化、

自分のペースで進めてみてくださいね。

 

 

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!