マインド

気分が乗らない原因と僕が試した5つの効果的対処方法を解説

気分が乗らない、気分転換

今日は仕事の気分が乗らない。

気分がモヤモヤしてやる気が出ない,集中力が出ない。

日々過ごす中で仕事の気分が乗らないとかやる気が出ない日は当然あると思います。

 

人間だもの。それは仕方ない。

しかしながら仕事をしている以上、そうも言ってられない状況も多いのではないですか?

この仕事を今日中に仕上げなければ!
来週のプレゼンの資料を早く作らなければ!

などなど。。。

そのように「仕事の気分が乗らないけど、仕事のパフォーマンスを落とせない」という時のために今日は「5つの気分転換方法」をお伝えいたします。

 

これは僕も頻繁に試している方法ですので、ぜひ最後までお読みくださいね。それでは早速内容に入っていきましょう。

気分が乗らない状態とその原因とは?

それではまず初めに「どうしても気分が乗らない時」とはどんなものなのか?という事について整理しておきましょう。

端的に言えばどうしても気分が乗らない状況とは「意識が過去や未来にいってしまい、今ここに集中できていない」という状況なんです。

目の前の事に集中できていない為、結果的に気分が乗らない、やる気が出ない、という状況になってしまうんですよね。

仕事の気分が乗らない

 

気分が乗らない日があるのは当たり前

とは言え、とは言えです!

気分が乗らない日があるというのは人間として当たり前です。

 

毎日毎日完璧な精神状態で仕事に打ち込む。

それは理想ではあるのですが、それを死ぬまで毎日実践するのは「強靭な精神力」が無いと難しいでしょう。

 

ですので「気分が乗らないのはダメ」とするのではなく「気分がならない時にどうやって気分転換するか」という意識でいる事が大事ですね。

ミスをゼロにするのではなく、ミスは当然起こるものとしてミスした時にどうリカバーするか、という事です。

気分が乗らない時に実践した5つの対処方法

では具体的にどうすれば良いか?という事を次の項目で解説していきます。

場所を変える

今回はあなたが仕事をしている状況として話を進めますね。仕事をしている中であなたがいつも同じ場所(オフィス・書斎)で作業をしているとしたらまずは場所を変えてみましょう。

リビングでソファーに寝転がってやってみたり、カフェで仕事するなどとにかくいつもと違う環境に身を置いてみてください。

人間は環境に影響されるので同じ場所に居続けると、マンネリ化して集中力が落ちます。

環境が変われば気分も変わり、やる気が出るかもしれませんのでぜひお試しください。

簡単なものから取り掛かる

山のように仕事が積まれ、どれから片付ければいいかわからない。そのまま気分が乗らずに何も手につかない…。

こんな時はその中から一つだけ、一番簡単そうなものをまずは片付けてみましょう。

車やエアコンもそうですが、動き出す時というのは一番エネルギーがいります。なので本当に簡単な、小さいことからまずは始めてみてください。

プロ野球選手の練習を見てもそうですよね。いきなり全力で投げたり走ったりしません。

まずはアップと呼ばれる軽い体操やランニングから始め、そこからキャッチボールを行い、徐々にペースをあげます。

仕事においても同じです。

まずは簡単な事から始めましょう。一旦やり始めてリズムに乗れば意外とスムーズに動くこともあります。

軽い運動をする

ずっと座りっ放しで仕事をして気分が乗らなくなってきたら、軽く運動して体を動かしてみましょう。

運動と言っても、ストレッチしたり、階段の上り下りなど、簡単なもので十分です。10分程度身体を動かしてみましょう。


頭と身体、もっと言うなら心と身体は繋がっています。身体を動かして気持ちをリセットさせましょう。

思い切って何もしない

思い切って何もしない、というのも有効な手段の一つです。

その仕事から一切離れて珈琲でも飲みながら、何もしないでください。

PCも見てはいけません。スマホの電源も切りましょう。

とにかく何もしないのです。

何もしない状態が続くと、必ず飽きます。その状態を続けると、逆に「あ!仕事しよう!」という気持ちになります。

体調を整える

栄養不足・休息不足の時は気分が乗りません。

時間が無いから食事を摂らない。寝る間も惜しんで仕事をする。

こういう事をしていては集中力が無くなるので、逆に仕事の能率が落ち本末転倒です。

人はつい「自分はこれだけのものを犠牲にして仕事に打ち込んでる」と思ってしまいがちですが、それは全くの無意味です。

眠い時は昼寝する。お腹が空いたときは栄養のある物を食べる。

これをしっかり心がけましょう。

 

気分が乗らない時の対処法を動画でおさらい

 

まとめ

以上が「どうしても気分が乗らない時に僕が実践した5つの気分転換方法」についてのご説明です。

ポイントはとにかく今とは違うことをやる」ということです。

とある心理学者によると「気分が乗らない状態」というのは疲れているのではなく単に「その目の前の状況や出来事に飽きてしまっている」ということらしいです。

ですので今日ご紹介した5つの方法を試してみて違う刺激をどんどん与えてください。

できれば頭だけでなく体も使って五感すべてにドンドン刺激を送りましょう。そうすれば「飽き」が解消され、新鮮な気持ちで目の前の仕事に取り組めるようになりますよ。

ぜひお試しくださいね。

それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

 

ABOUT ME
アバター
宮本達裕
【Amazon販売専門家】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し何の収入の当てもないまま25歳で起業。現在はスタッフ2名と共に物販事業、コミュニティ事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。