メルマガの登録はこちら

はんなり宮本の公式メルマガ

天才ピカソの行動量

こんにちは、宮本です。

今日は天才ピカソの行動量について

記事を書いていきたいと思います。

 

芸術の世界で天才と呼ばれるピカソ。

 

数多くの名作を残している彼ですが

実は才能よりも行動量が凄まじかったようです。

これはビジネスにも通じる原則ですので

ぜひ覚えておいてくださいね。

それでは早速行ってみましょう!

 

ピカソが生涯残した作品数

 

多くの作品を世に送り出し

「天才」と呼ばれているピカソ。

 

そんな彼が残した生涯の作品数、

いったいいくつか知っていますか?

クイズ形式でいきましょう!

1)2万点

2)3万点

3)4万点





 

 

 

 

正解は…

 

なんと14万7800点!

 

11歳から作品を作り始めたとしても、、、

1日あたり

 

なんと5作品は作っている計算になります!

 

1日5作品ですよ!

 

それを無くなる91歳まで

毎日こなしていたという…

1日も休まずに…

 

天才ピカソというと、才能とか閃きがあって

パッと作品を作り上げるイメージがありますが

 

実は、とてつもなく

量をこなしていたんですね、、、

 

だからこそ数々の名作が生まれたわけです。

14万7800点の作品を作り

それでも世に広まった作品はほんの数点……

 

しかしそれでいいのです!

とにかくたくさん行動し、たくさん産み出し

その中で一つ当たればいいのです!

 

 

Amazonせどりでも同じですね。

一日何十個、何百個リサーチして

その中で2,3個利益の出る商品が見つかればいいのです!

それを毎日積み重ねていけば…

あっという間に稼げるようになりますよ。

 

天才・落合博満の行動量

 

1980年代・1990年代に活躍した

落合博満というプロ野球選手がいます。

 

落合選手は25歳という

プロ野球選手の中では比較的遅く

プロの世界に入りました。

 

にも関わらず

プロ3年目で首位打者を獲得し、

翌年には28歳という戦後最年少の若さで

3冠王(首位打者・本塁打王・打点王)を獲得します。

 

通算3度の三冠王を獲得し、

数々の打撃タイトルを獲得しプロ野球選手の間でも

「天才」と呼ばれるようになり、

多くの選手に慕われていました。

そんな落合選手が

引退後のインタビューで語った言葉があります。

 

 

「なんだかんだ言ってもこの世界。一番バットを振ったやつがトップに立つよ」

 

 

落合選手は天才と呼ばれていましたが、

 

実は誰よりも練習(行動)をしていたようです。

 

そんな彼を慕って

イチロー選手や松井秀喜選手といった名選手が生まれました。

 

 

大量行動が結果を生む

これは芸術の世界でもスポーツの世界でも

はたまたビジネスの世界でも同じです。

 

ぜひあなたも、

この記事を読んだこの瞬間から

ドンドン行動していってください。

特にAmazonせどりは行動量がそのまま収益に直結しますよ。

ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

今回の記事は以上です。

それでは引き続き

次の記事を読みながら実践して

ドンドン稼いでいきましょう!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ