テクニック

在宅ワークに最適なネットせどりの方法!主婦に最適な稼ぎ方を解説

今日は「在宅ワークに最適なネットせどりの方法」について解説します。

このスキルをマスターする事ができれば完全在宅orどんな場所であっても稼ぐ事が可能です。
仕事に忙しい会社員、0歳児をお持ちの主婦などなど、どんな境遇であっても大丈夫ですのでぜひ今日の記事を参考にしてみてくださいね。それでは早速内容に行きましょう。

ネットせどりとは?(電脳せどり)

まずネットせどりとは何か?という事をご説明します。

ネットせどりとは文字通りインターネット上で商品を仕入れてAmazonで販売する事を指します。

流れとしては

ヤフオクなどで仕入れる

2~3日後に商品が届く

FBA倉庫へ送る

amazonで商品が売れる

2週間ごとに入金される

という流れになります。基本的には店舗せどりと同じですね。ただ単に仕入先が実店舗かネット店舗かという違いだけです。

在宅ワークに最適なネットせどり

もう少し具体的に違いを解説すると、

ハードオフに足を運んで仕入れをすれば店舗せどり。

ハードオフオンラインで商品を購入すればネットせどり。

というような感じです。

せどりは大きく分けて

・店舗せどり

・ネットせどり

があるのですがネットせどりは、店舗せどりとは違い実際に商品を手に取る事無く仕入れをするので少し難しく感じるかもしれません。

ただネットせどりの方が圧倒的に時間当たりの利益(時間給)が高いのでぜひマスターしましょう。

ちなみに店舗せどりとネットせどりの違いはこちらの動画で解説していますのであわせてご覧ください。

ネットせどりのメリット

ネットせどりのメリットは数多くあるのですが一番のメリットは何と言ってもどんな場所でも稼げるという点でしょうか。

ネット上での仕入れなので

・移動時間ゼロ

・交通費ゼロ

・副業が会社にバレにくい

・重い荷物も気にせずOK

などなど、店舗せどりとは違い多くのメリットがあります。

完全在宅で収益を上げる事ができれば小さなお子さんをお持ちの主婦の方でもお子様を自分の側におきながら稼げるので安心ですよね。

また、ネットせどりの場合は商品を間違えて買ってもキャンセルが可能ですのでせどり初心者には安心です。

と、ここまでネットせどりのメリットばかり挙げてみましたが、もちろんデメリットも存在します。

では次にデメリットもしっかり見てみましょう。

ネットせどりのデメリット

ネットせどりの一番のデメリットは、送料が余分にかかってしまうという事です。

店舗仕入れに比べると商品1個ずつに発送送料がかかるので店舗せどりに比べて送料が余分にかかります。

ただ、○○円以上は送料無料というようなお店もあり、メルカリなどでは送料込みで出品している方も数多くおられますのできっちり計算して仕入れをすれば送料が大きなデメリットになる事はありません。

納品されるまでのタイムラグ

ネットせどりで新品商品仕入れた場合、商品が到着するまでに値段の相場が下がるという事もあります。

ネットせどりの場合、商品を仕入れてから2〜3日して手元に届き、そこからFBA倉庫に配送するので、仕入れてから販売するまで1週間程見ておきましょう。

商品の状態がわからない

また、状態が細部まで分からないということもデメリットの一つとして挙げられます。

これは、メルカリなどのフリマアプリに多いのですが商品が手元に届き開封してみると「思ったよりも汚かった」というような事がまれにあります。

デメリットを回避する方法

このような事を避けるためにはショップの評価や出品者の属性を把握して仕入れを行うという事が大切です。

全てのネットショップには評価が書かれているのでこの評価をしっかりと見て、評価の良い出品者から仕入れる事によって、仕入れのリスクを最大限排除する事が可能です。

安い!って思って飛びつくのではなく、出品者をしっかりと見極めてから仕入れを行うようにしましょうね。

ネットせどりを動画で復習

まとめ

以上が「在宅ワークに最適なネットせどりの方法」についてのご説明です。

ネットせどりはメリット・デメリット両面ありますがトータルで見るとネットせどりを行うことはメリットが大きいです。

特に副業の方や子育てで忙しい主婦の方はなおさらですよね。

初めは慣れない作業も多く商品も見つけにくいですがぜひぜひ真剣に取組んでいきましょう!

今回の記事は以上です。それでは本日も最後までお読み頂きありがとうございました!

ABOUT ME
宮本達裕
宮本達裕
【Amazon販売専門家】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し何の収入の当てもないまま25歳で起業。現在はスタッフ2名と共に物販事業、コミュニティ事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。