マインド

会社に頼らない生き方をする人の特徴と実現の為の具体的行動を解説

会社に頼らない,会社に頼らない生き方

企業の業績が下がり続け、副業が解禁されるようになった昨今。

「このままの働き方を続けていいのだろうか」とか「会社に頼り続けるのはどうなんだろう」と、不安に思っている人も多いはずです。

トヨタ自動車の社長が「終身雇用はもう難しい」といった趣旨の発言をしたことも、世の中の風向きが変わってきた要因の1つですよね。

僕自身は会社員を4年ほどしていましたが、「自分の人生を会社に頼るなんて嫌だ」と思い、勢いで会社を辞めました。

そこからもう5年以上が経っていますが、何のスキルも人脈も無い中たったひとりで独立し、その後すぐ生活できるようになり、ありがたい事に今も会社に頼らず自由な生活をしています。

個人で生きていくスキルが益々必要となるこれからの日本。

今日の記事があなたの人生に少しでも役立てば大変嬉しく思います。

会社に頼らない生き方を目指すべき理由

「雇用を続ける企業などへのインセンティブがもう少し出てこないと、なかなか終身雇用を守っていくのは難しい局面に入ってきた」

これは2019年にトヨタ自動車社長、豊田章男氏が語った「終身雇用は難しい」という内容の一文です。

それまでも一部のフリーランスや個人起業家の間では「これからは個人の時代」「終身雇用の時代は終わり」と盛んに叫ばれてはいましたが、日本トップの企業トヨタ自動車の社長が、「終身雇用の維持は難しい」と意見を表明したことは大きな話題となりました。

また政府主導の「副業解禁」も話題になったことで、特に若者層を中心に「もう会社は自分たちを守ってくれない」、「自分の身は自分で守らなきゃ」という考えも急速に広まっていきましたよね。

その一方で多くの人が「40年間定年まで1つの会社に勤める」そんな価値観に異を唱える声も強くなり、一度しかない人生を充実したものにする為、自分らしく働く人も増えてきています。

このように、1つの会社で定年まで何十年も働き続けるという伝統的な日本的価値観は崩壊に向かい、そのようなキャリアを歩む人はむしろレアケースになってきていますよね。

組織に属する時代の終焉

21世期初頭からでしょうか。

我々の生活にスマホやインターネットが定着し、ネット上での商取引が盛んになったことで、僕たちの生活も激変しました。

Amazonや楽天などのネット通販

・TwitterやInstagramなどのSNS

・メルカリなどのフリマアプリ

・Netflixなどの配信サービス

これらはのサービスは今や完全に人々の生活に欠かせないものになりましたよね。

また、情報の受け手と出し手の境界線も無くなり、ブロガーやユーチューバーなど自由に情報発信しながらも稼ぐ事ができるようになりました。

その結果「個人の時代の到来」が叫ばれ、実際にたったひとりでも会社に依存しないでビジネスをして、会社員以上の収入を得るような人も珍しくなくなりましたよね。

南場智子の予言

国内外に関わらず、あと10年もすれば組織に属して仕事をするスタイルは主流ではなくなるだろう。目的単位でプロジェクトチームが組成され、また解散するような仕事の仕方に変わっていくはずだ」

会社に頼らない,コワーキングスペース

これは株式会社DeNAの南場智子社長が2013年に述べられた事ですが、まさしく今の現代ではこのような仕事の仕方が主流になっていますよね。

僕も個人でビジネスをして、物販ビジネスをしたり、こうしてブログを書いてあなたに情報を届けていますが、それも今の時代だから実現できたこと。

もし20年前にこんなことをしようとしたら今とは比べものにならないコストと手間がかかったでしょうね。

会社に頼らない生き方をする人の特徴

会社に依存せず、独立して生きる道を選ばざるを得ないこの時代。

では会社に頼らない人、フリーランスで成功する人はどのような人なのでしょうか?

・ある分野の能力が高い

・恵まれた才能が生まれつきある

・家系に恵まれている

そんな風に思うかもしれませんが、そのどれもが違います。

僕自身、上記のものはどれも持っていませんでしたし、僕の周りの起業家を見ても、上記のものを持っている人もいますが、そうでない人が大多数です。

それでも会社に頼らず自分でビジネスを展開して、自由な人生を謳歌していますね。

ではフリーランスで成功する人の特徴とは何なのでしょうか?

僕が考えるに、それは「あるたった1つのこと」です。

会社に頼らず生きると“決断”している

成功している人に共通しているのは“決断している”というただこれだけです。

「フリーランスで成功すると“決断”している」

「会社に頼らないと“決断”している」

ただこれだけが唯一の共通点であり唯一の特徴であります。

え?たったそれでけ?

そんな風にあなたは思うかもしれませんね。

でも本当にこれだけ、ただ“決断”しているだけなんです。

決断

”決断”という字はどう書く?

”決断”という字はどう書きますか?

「決めて」「断ち切る」と書いて決断と書きますよね。

「もう絶対会社に頼らない!」

「絶対私はフリーランスで成功する!」

そんな風に決断するんです。

そして失敗したらどうしよう」「ダメなら会社員に戻ろう」というような選択肢を思い切って断ち切るんです。

金メダルを獲る選手の決断

オリンピック選手

スポーツ選手を例に挙げましょう。

オリンピックに出るような選手。金メダルを獲るような選手。

そのような選手は

「何となくオリンピックに出たいな」

「何となく金メダルを獲りたいな」

そんな風に何となく思って練習に臨むでしょうか?

絶対違いますよね。

「私は絶対オリンピックに出る。オリンピックに出て絶対金メダルを獲る」

そんな風に強く“決断”して、そして日々の練習に全力で取り組むからこそ、4年に一度の大舞台に立つ事ができますし、金メダルを獲れる、という訳です。

スポーツであろうとビジネスであろうと「原理原則」は同じですからね。

オリンピック選手

不都合で残酷な真実

今から少し残酷な話をします。

不都合で残酷ですが、これは真実ですので、ぜひしっかり読んでくださいね。

「何となくお金が欲しいな」

「何となく会社以外からの収入が欲しいな」

もしあなたがそんな風に思っているなら。

あなたは絶対、会社以外からの収入を得られる事はできませんし、フリーランスで成功する事も絶対無いでしょう。

そんな「何となく思った事」が実現するほど、この世界は甘くはありません。

残酷,真実

自分で稼ぐと強く決断する

「絶対に私は会社以外からの収入を得る」

「絶対にフリーランスで成功してみせる」

「もう会社に頼るなんてまっぴらゴメンだ」

そんな風に強く「決断」してください。

そしてそのように「決断」することによって会社以外からの収入を得るための他の選択肢が「初めて」見えてくるようになります。

フリーランス,決断する

見えるから信じるのか、信じたから見えるのか

人間というのは面白い生き物です。

「こうであると信じるもの」を見ようとしますし「こうであるはずはない」という事を見ようとしません。

「会社は安定だ、独立なんて危険」

そんな風に信じていれば、世の中をそういう風に見ますし、それを助長するからのような情報が自然と集まるようになります。(かくいう僕も5年前はまさにこの通りでした)

という事は、逆もまたしかりですよね。

フリーランスで成功する

会社に依存せず自分で稼ぐ

そんな風に決断し、そしてそれを信じると、それを助長するかのような情報が自然と目につくようになります。

あとはその情報を信じて行動するだけですよね。行動すると結果がでます。

行動→結果→改善→行動→結果

このサイクルを繰り返すことによってあなたは会社に頼らず収入を得る事ができ「フリーランスで成功する」ように自然となるでしょう。

フリーランス

会社に頼らない生き方を実現する為の具体的行動

 

それでは会社に依存しない生き方を実現する為の具体的な行動についてみていきましょう。

会社に依存しないで生きるということは、いつ会社がなくなっても良いように、自分で生きる力を身につけておくという事です。

そのためには、会社がなくても普通に生活できるような収入の基盤を身につけておく事が大切ですね。

会社以外の収入を得ること

会社以外からの収入を得る

まずは会社以外の収入を得ること。

会社以外からの収入源を持っておくことで、会社への依存度は低くなります。

「自分で収入を得られる」という事は心理的な安定をもたらしますしね。

インターネットが発達した時代では誰もがリスクを少なくしてビジネスをする事が可能です。

僕自身はAmazonを使ったインターネットショップ事業で独立しましたが、仮にこれを実店舗でやろうとするならば少なく見積もっても数百万円の初期投資が必要ですからね。

そして、しっかりと正しい方向性で努力すれば、会社で働いて昇給するよりも遥かに早く同じぐらいの収益を得る事が可能です。

とは言え、僕のように勢いで会社を辞め、それからビジネスに取り組むのはあまりおすすめしません。

心理的にも不健全ですからね。

オススメなのは、まず会社に勤めながら副業で自分のビジネスにコツコツ取り組む事です。なお僕が取り組んだAmazonを使ったインターネットショップの始め方はこちらでも解説しています。「せどりの始め方|準備するものから月収10万円を最短で稼ぐ実践方法」ぜひこちらもご参考にしてください。

せどりの始め方
せどりの始め方|準備するものから月収10万円を最短で稼ぐ実践方法今回のブログ記事では「せどりの始め方」を解説し、月収10万円を最短で稼ぐ実践方法について解説いたします。 ・せどりって儲かるの? ・せど...

会社以外の人間関係の構築

Zoom会議,オンライン飲み,仲間

朱に交われば赤くなる

日本で昔から言われていることわざですよね。

このことわざにもあるように、人の意識や思考は周囲の環境によって大きく変化すると言われています。

もしあなたの今の人間関係が会社だけだとすると、どうしても意識や思考もその会社に染まりがちとなります。

なにせ1日8時間、月に換算すると320時間もその人たちと一緒に過ごす訳ですからね。

だからこそ、今のうちから積極的に会社以外での人間関係を構築していきましょう。

リアルな場所で誰そういう人と会えれば一番ですが、今ではTwitterやインスタグラムなどのSNS等で色んな人と出会ますし、オンラインサロンなどもたくさんありますよね。

会社以外の人間関係を構築する事ができれば、自分の心も会社に染まらずに済みますし、新しいビジネスのチャンスを掴む事もあります。

 

会社に頼らない生き方を動画でおさらい

なお、今回のブログ記事の内容を動画にまとめました。

4分程度の動画ですので復習の意味を込めてご覧くださいね。

【動画内容】

1.フリーランスで成功する人の特徴とは?
2.成功する人は決断している
3.スポーツ選手を例に
4.残酷な真実
5.まとめ

まとめ:会社に頼らず生きる未来

会社に頼らず自分で収入を得たい。そんな風に思ってもいざやろうとすると「やっぱり怖い」と足が震える人は多いのではないでしょうか。

何を隠そう僕自身がそうだったから…。

フリーランスで生きていくのは、特別な才能や力があるごく一部の人だけだと思われるかもしれません。

あいつは特別だから…

あの人だからできるんでしょ…

ただ、実際には「決断する」というたった1つのことさえ決めてしまえば、会社に頼らずフリーランスで成功するような状況を作り出すことは誰でもできるのです。

もちろん、そのための努力は必大前提ですけどね。

会社に頼らない生き方を送れるようになると、自分の可能性が広がりますし、もっと人生も楽しくなります。

そんな未来が訪れた時、あなたはそこにどんな未来を描きますか?

会社から飛び出し、自分の収入は自分で稼ぎ、そして人生を今よりももっと楽しんでいる。

そんな未来のあなたに出逢えることを僕は楽しみにしています。

会社に頼らない生き方
ABOUT ME
宮本達裕
宮本達裕
【Amazon販売専門家】 広告代理店の営業マンとして働くも「社内営業でしか出世できない」という現実に嫌気が差し何の収入の当てもないまま25歳で起業。現在はスタッフ2名と共に物販事業、コミュニティ事業を運営。 自分ビジネスで自ら収益を上げながらそのノウハウを教えて起業する仲間も多数。 なんの取り柄もない普通の会社員だった僕がどうやって今のワークライフスタイルを手に入れたのか? 興味がある方はプロフィールからご覧くださいね。